秋葉原「B-1グランプリ食堂」10月30日閉店。全ご当地グルメ980円食べ放題企画実施 [食のイベント]

スポンサーリンク




2015年7月に東京・秋葉原駅高架下にオープンした、フードフェス「B-1グランプリ」公認の常設店「B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE」
「ご当地グルメを通じて地域の魅力を発信する」という当初の目的を果たすことができたことから、2016年10月30日(日)をもって、営業終了することとなりました。

そのフィナーレを飾るイベントとして、10月30日(日)の1日限定で、ご当地グルメ16種類の食べ放題企画が開催されます。
横手やきそば、勝浦タンタンメン、山形芋煮カレーうどん、甲府鳥もつ煮、八戸せんべい汁、富士宮焼そばなど、人気のご当地グルメ16種類が90分間食べ放題で980円という太っ腹な企画。

食べ放題の実施時間は11:00~18:00まで(10月30日は営業終了時間も18:00)
売り切れとなってしまうことも予想されますので、早い時間のおでかけをオススメします。
そのほか、当日は各地域による『餅つき大会』などのまちおこしイベントも行われます。

スポンサーリンク



b1shokudo-akihabara160802_01.jpg


「B-1グランプリ食堂」は、秋葉原駅から徒歩3分ほどのJR高架下に、屋台形式のトレーラー・キッチンカーが並び、B-1グランプリで提供されるご当地グルメを販売。
2016年10月1日から、一部メニューを入れ替え「横手やきそば」、「八戸せんべい汁」、「なみえ焼そば」などの人気のご当地グルメも並ぶ最終章が開催されています。

また、10月22日(土)と10月23日(日)の2日間は、長野県伊那市から信州の今年の「新そば」と「伊那ローメン」が味わえるイベントも実施。

オープン以来約60万人が訪れた、人気の「B-1グランプリ食堂」が楽しめる期間も残りわずかですので、秋葉原に足を運んでみてはいかがでしょうか。

「B-1グランプリ食堂」の席数は全150席。JR高架下なので、突然の雨も心配いりません。
料理購入にはSuicaの利用が可能で、Suica利用者は券売機に並んでの食券購入が不要になります。
現金利用の場合は券売機に並んで食券を購入後、フードブースに並ぶ必要があります。
※現地にSuicaチャージ機器はありません。


秋葉原B-1グランプリ食堂の画像



◆B-1グランプリ食堂@秋葉原の施設情報

名称:B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANE
時間:平日11:00~21:00(ラストオーダー20:45)
   土休日11:00~20:00(ラストオーダー19:45)
場所:秋葉原-御徒町駅間 高架下[地図:Google Map]
住所:東京都千代田区神田練塀町(かんだねりべいちょう)15-1外
席数:150席
営業日:年中無休(ただし年末年始を除く)
▼交通アクセス・最寄り駅
・JR「秋葉原駅」電気街口から徒歩3分


b1shokudo-akihabara160802_02.jpg



◆B-1グランプリ食堂@秋葉原 最終章のメニューと価格

2016年10月1日(月)から、B-1グランプリ食堂 AKI-OKA CARAVANEで販売されているメニューと価格は下記の通りです。

(1)横手やきそば(秋田県横手市)
横手やきそば、目玉焼きの黄身をツルツルのゆで麺に絡めて食べるのがポイント。
価格:400円/700円
b1shokudo-akihabara161001_01.jpg


(2)勝浦タンタンメン(千葉県勝浦市)
勝浦の海女さん・漁師さんたちが寒い海仕事の後に冷えた体を温めるメニューとして、定着してきた「勝浦タンタンメン」。
ピリッとくるラー油の濃厚さがクセになる醤油ベースに、白髪葱がアクセント。
価格:500円/700円
b1shokudo-akihabara201603_m08.jpg


(3)かほく冷たい肉そば(山形県西村山郡河北町 )
鶏だしのきいた旨味たっぷりのスープに、コシの強い田舎そばが特徴の冷たいお蕎麦。
コリコリと歯応えのある親鳥チャーシューがトッピングされています。
価格:400/700円
b1shokudo-akihabara160716_01.jpg


(4)山形芋煮カレーうどん(山形県山形市)
醤油味の芋煮にうどんを入れ、さらにカレーが加えられた、山形名物『芋煮会』締めの一品。
価格:400/700円
b1shokudo-akihabara161001_02.jpg


(5)甲府鳥もつ煮(山梨県甲府市)
新鮮なレバー、ハツ、砂肝、きんかんを少量のタレを使って、強火で短時間のうちに照り煮にした鶏モツ料理。
価格:400円
b1shokudo-akihabara160716_02.jpg


(6)八戸せんべい汁(青森県八戸市)
肉や魚、野菜や茸等でダシを取った汁の中に、小麦粉と塩でつくる鍋用の南部せんべい(おつゆせんべい)を割り入れて、煮込んで食べる八戸地方の郷土料理。
価格:300円
b1shokudo-akihabara161001_03.jpg


(7)ひるぜん焼そば(岡山県真庭市)
「ひるぜん焼そば」は親鳥のかしわ肉、高原キャベツ、モッチリ麺を濃厚で香り豊かな甘辛ダレにより一気に焼き上げるタレ焼そば。
山椒を入れるのも特徴。
価格:400円/700円
b1shokudo-akihabara161001_04.jpg


(8)十和田バラ焼き(青森県十和田市)
牛バラ肉と大量のタマネギを醤油ベースの甘辛いタレで味付けをして、鉄板でじっくりと焼く「十和田バラ焼き」。
牛肉の旨みが染み込んだタマネギは絶品。
価格:500円
b1shokudo-akihabara161001_05.jpg


(9)富士宮やきそば(静岡県富士宮市)
一般的な柔らかい焼きそばの麺とは違い、コシのある麺が特徴。
コシのある麺の食感と、イワシの削り粉をふりかけた独特の味付けが癖になる逸品。
ご当地グルメブームの火付け役としても有名です。
価格:400円/700円
b1shokudo-akihabara160716_04.jpg


(10)津ぎょうざ(三重県津市)
直径15センチの大きな皮で具を包み、油で揚げた大きな揚げ餃子。
1985年ごろから津市内の学校給食として提供され、今でも子供たちの人気のメニューです。
価格:300円
b1shokudo-akihabara160716_05.jpg


(11)本荘ハムフライ(秋田県由利本荘市)
秋田県産豚肉のプレスハムを使用して、サクサク、熱々にラードで香ばしく揚げたハムフライ。
今回は地元で取れる希少なりんごジュースを使ったソースとともに味わえます。
価格:300円
b1shokudo-akihabara160716_06.jpg


(12)行田ゼリーフライ(埼玉県行田市)
ジャガイモとおからに、葱と人参のみじん切りを加えて小判型にして素揚げに。
ウスターソースにくぐらせて仕上げます。
価格:2個300円
b1shokudo-akihabara161001_07.jpg


(13)駒ヶ根ソースかつ丼(長野県駒ヶ根市)
ご飯の上に千切りキャベツを敷き、その上に甘辛の特製ソースにくぐらせたトンカツをのせた丼。
ちなみに、駒ヶ根市内では、「カツ丼」と言えば「駒ヶ根ソースかつ丼」で、一般的なカツ丼(卵でとじたカツ丼)は 「卵とじカツ丼」と呼ばれているとのこと。
価格:500円
b1shokudo-akihabara201603_m05.jpg


(14)富士つけナポリタン(静岡県富士市)
トマトスープと鶏ガラのWスープに独自の極太麺をつけて食べる、静岡県富士市のご当地グルメ。
桜えびと、とろけるチーズが極太麺に良く絡んで、美味しさを引き立てます
価格:400円/700円
b1shokudo-akihabara160716_07.jpg


(15)津山ホルモンうどん(岡山県津山市)
変化に富んだ味わいと食感が魅力のホルモンから出る独特な旨味と、うどん、辛めのタレが絡み合って、お互いの美味しさを引き立てあいます。
価格:500円/700円
b1shokudo-akihabara160716_08.jpg


(16)なみえ焼そば(福島県双葉郡浪江町)
通常の3倍以上もある極太中華麺と特製ソース、豚肉、もやしをラード油で焼きあげる濃厚なソース焼そば。
価格:400円/700円
b1shokudo-akihabara161001_06.jpg

・ごはん(単品) 100円

<ドリンクメニュー>
・生ビール 400円
・アサヒエクストラコールド 500円
・ハイボール 300円
・ご当地ハイボール 400円
・チューハイ、サワー各種 300円
・冷酒(無冠帝) 400円
・ソフトドリンク各種 200円



◆秋葉原B-1グランプリ食堂の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんから、リプライでいただいた秋葉原「B-1グランプリ食堂」の感想・口コミなどを掲載しています。









スポンサーリンク


 



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました