ブリューゲル「バベルの塔展」上野・東京都美術館で7月2日まで開催中 [音楽・アート・展示会]

スポンサーリンク




2017年4月18日(火)から7月2日(日)までの期間、東京・上野の東京都美術館で「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」が開催されています。

スポンサーリンク



現存する油彩画が世界に40点ほどしかないと言われている、16世紀のネーデルラント絵画を代表する巨匠・ピーテル・ブリューゲル1世。
その彼の代表作のひとつ、伝説の塔を描いた傑作「バベルの塔」が24年ぶりに来日します。

旧約聖書に登場する「バベルの塔」の物語を、ブリューゲルは壮大なスケールの構図と細部の緻密な描写を見事に融合して描き表しました。

地平線まで見渡す風景に屹立する巨塔。
そこに描き込まれた建設現場と米粒よりも小さな1400人もの人々。

さらに今回の展示会では「バベルの塔」の高精度の質感を伴う巨大複製画やCG映像を制作。
現代の科学技術を駆使して、ブリューゲルの細部にわたるリアルな描き込みを解き明かし、「バベルの塔」の魅力に迫ります。

また、ブリューゲルに影響を与えた奇才の画家ヒエロニムス・ボスの貴重な油彩2点も初来日。
写実的な描写を駆使しながら、現実には存在しない怪物たちが跋扈する世界を描いたボスの傑作が日本で初めて公開されます。

そしてブリューゲル、ボスらが生きた時代、16世紀ネーデルラントの絵画、版画、彫刻、約90点を展示。
500年前の巨匠たちの驚異の想像力で描き出された世界が広がります。


babel-tobikan01.jpg



◆上野東京都美術館「バベルの塔展」の日程・時間・場所

名称:ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
   16世紀ネーデルラントの至宝-ボスを超えて-
日程:2017年4月18日(火)~7月2日(日)
時間:9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで)※毎週金曜日は20:00まで
休館:月曜日 ※5月1日(月)は開館
会場:東京都美術館 企画棟 企画展示室[地図:Google Map]
▼交通アクセス・最寄り駅
・JR「上野駅」公園口徒歩7分
・東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」徒歩10分
・京成電鉄「京成上野駅」徒歩10分



◆上野東京都美術館「バベルの塔展」の入場料・チケット

[バベルの塔展 当日券料金]
一般:1,600円
学生:1,300円
高校生:800円
65歳以上:1,000円
※中学生以下は無料


◆上野東京都美術館「バベルの塔展」各種割引・優待

(1)家族ふれあいの日
都内在住で、18歳未満の子を同伴する保護者の一般当日料金が半額となります。
実施日:毎月第3土曜日、翌日曜日
※年齢を証明できるものの提示が必要

(2)シルバーデー
65歳以上の方は、毎月第3水曜日無料で観覧できます。
実施日:2017年4月19日(水)、5月17日(水)、6月21日(水)
※年齢を証明できるものの提示が必要



◆ブリューゲル「バベルの塔展」の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた、ブリューゲル「バベルの塔展」の感想・口コミなどを掲載しています。



スポンサーリンク



▼イベント概要
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
2017年4月18日-7月2日
東京都美術館
東京都台東区上野公園8-36
公式サイト
展示会
 




共通テーマ:アート