東京・平和島で文房具フェス「文具女子博」12月15日~17日まで開催 [音楽・アート・展示会]

スポンサーリンク




2017年12月15日(金)から12月17日(日)までの3日間、東京・大田区の平和島で、文具が好きなすべての女性(文具女子)のためのイベント「文具女子博」が開催されます。
主催は、出版物取次会社の日本出版販売(にっぱん)。

スポンサーリンク



bungu-joshi-haku01.jpg


「文具女子博」は文具の魅力を体験し、その場で文房具を購入できる日本最大級の文具の祭典。
コクヨ、ぺんてる、サクラクレパス、マルマン、シャチハタといったお馴染みの文具メーカーが出展。
さらに気鋭の新興メーカーや、ちょっと変わった商品を扱う文具店まで約70社が集結します。

なかには「福袋」や「限定グッズ」の販売、購入数に応じてノベルティのプレゼントを用意している出展社もあるとのこと。

またブースでのお買物だけではなく、
来場した文具女子が直接投票して選ぶ文具大賞「文具女子Award」。
オリジナルの台紙に好きなマスキングテープを貼って持ち帰れる「テープビュッフェ」。
好きな紙を組み合わせて世界にひとつだけのオリジナルノートが作れる「ペーパーバイキングdeオリジナルノート」などの文房具関連イベントを楽しむことも。

「文具女子博」の入場料は500円(税込)。
文房具の魅力を存分に感じることができそうな、文具のお祭りにでかけてみてはいかがでしょうか。
なお、女子博となっていますが、男性も入場可能です。



◆文具女子博@平和島流通センター 開催概要

名称:文具女子博
日程:2017年12月15日(金)~12月17日(日)
時間:10:00~17:00 ※最終日は16:00まで
場所:東京流通センター 第二展示場 Fホール[地図:Google Map]
入場料:500円(小学生以下無料)
※再入場はできません。
▼交通アクセス・最寄り駅
・東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
・JR「大森駅」から京浜急行バスで約12分「流通センター前」下車、徒歩1分



◆文具女子博@平和島流通センター 出展店舗

[あ行]
・アーティミス
・アートプリントジャパン
・アクティブコーポレーション
・アトリエ カッコ
・S&Cコーポレーション
・エヌビー社
・エポックケミカル
・エムプラン 
・オート
・オキナ
・オリエンタルベリー

[か行]
・学研ステイフル
・鎌倉・文具と雑貨の店 コトリ
・カミテリア
・KAWAGUCHI
・カンミ堂
・Kino.Q / フォントかるた
・キョクトウ・アソシエイツ
・KUSUNOKI
・GreenFlashハンドメイド部
・呉竹
・クローズ・ピン
・コクヨ
・こどものかお
・CONFETTi

[さ行]
・サクラクレパス
・さん・おいけ 
・シード
・シール堂
・シヤチハタ 
・昭和ノート 
・新日本カレンダー
・STALOGY
・ステッドラー日本
・セーラー万年筆
・soror factory

[た行]
・第一印刷
・髙田織物
・DULTON
・ツバメノート
・デザインフィル
・東急ハンズ
・トコナッツ

[な行]
・ナガサワ文具センター
・ニーナ
・ニチバン
・日本ホールマーク
・日本理化学工業
・ネットde手帳工房

[は行]
・HIGHTIDE
・パインブック
・Hako de Kit
・パピアプラッツ
・バックストリートファクトリー
・ハルカゼ舎
・BGM
・Hutte paper works
・フォーワテック
・+lab(プラスラボ)
・古川紙工
・A FLOATING LIFE/フローティングライフ
・フロンティア
・文房具カフェ
・Paper Mint
・Paper message
・paperable(ペパラブル)
・ぺんてる

[ま行]
・マークス
・MATOKA
・マルアイ
・マルマン
・マルモ印刷

[や行]
・ヤマト
・有隣堂

[ら行]
・ライフ
・ラウンドトップ
・Re+g(リプラグ)
・レイメイ藤井
・ロフト
・Hmmm!?&Greeful



◆文具女子博の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた「文具女子博」の感想・口コミなどを掲載しています。











スポンサーリンク



▼イベント概要
文具女子博
2017年12月15日-12月17日
東京流通センター 第二展示場 Fホール
東京都大田区平和島6-1-1
公式サイト
展示販売会
 




共通テーマ:趣味・カルチャー