秩父ウイスキー祭2017前売券販売中。イチローズモルト、信州マルス等の試飲も [食のイベント]

スポンサーリンク




2017年2月19日(日)埼玉県秩父市の秩父神社で「第4回 秩父ウイスキー祭」が開催されます。
2011年に「イチローズ・モルト」で有名なベンチャーウイスキー秩父蒸溜所のウイスキーリリース記念パーティーが開催されたのがきっかけで、2014年からはじまったウイスキーの祭典。
2016年12月1日(木)から「第4回 秩父ウイスキー祭」の前売券販売が開始されています。

スポンサーリンク



一昨年からのウイスキーブームも手伝って「秩父ウイスキー祭」の前売券は昨年も完売。
当日券を求める人の列ができ、3000名を大きく超える来場者があった人気のウィスキーフェス。

秩父神社の会場には、国内外のメーカー、インポーター等が試飲ブースを設置。
イチローズモルト、信州マルス・ウィスキーなどの人気銘柄をはじめ、ジャパニーズ、スコッチ、アメリカン、アイリッシュ等、様々なウイスキーの試飲が楽しめます。

試飲のほかにも、「ティングセミナー」や「オープンセミナー」、「トークショー」なども開催。
さらに「秩父ウイスキー祭」前日の2017年2月18日(土)には、プレイベントとして秩父蒸溜所見学ツアー「秩父蒸溜所オープンデイ」も行われます。

今後ますます人気が熟成していきそうな「秩父ウイスキー祭」に足を運んでみてはいかがでしょうか。


秩父ウイスキー祭の画像



◆秩父ウイスキー祭2017の日程・時間・場所・料金

名称:第4回 秩父ウイスキー祭 2017
日程:2017年2月19日(日)
時間:11:00~17:00
場所:秩父神社、秩父地場産センター[地図:Google Map]
▼秩父神社への交通アクセス
・秩父鉄道「秩父駅」徒歩3分
・西武秩父線「西武秩父駅」徒歩15分



◆秩父ウイスキー祭2017の入場料・前売券・チケット

[秩父ウイスキー祭2017 入場料]
前売券:3,000円
当日券:5,000円
チケットの購入は>>こちらから

※「セミナー」、秩父蒸溜所見学ツアー「秩父蒸溜所オープンデイ」は別途費用及び申込が必要となります。


chichibu-whisky2017_01.jpg



◆秩父ウイスキー祭の出展・試飲ブース

インポーター、メーカー、醸造所等が秩父神社の会場に出展します。

・ウィスクイー(スコッチ)
・ジャパン・インポート・システム(スコッチ)
・本坊酒造(信州マルス・ウィスキー)
・よしのや 山武商店(スコッチウィスキー、他)
・e-Power (スコッチウィスキー、他)
・アサヒビール(ニッカ・ウィスキー)
・MHD(スコッチウィスキー、他)
・ペルノ・リカール・ジャパン(シーバス・リーガル ミズナラ)
・麦雑穀工房(ビール)
・ハイランダーイン東京(スコッチ)
・ベンチャーウィスキー(Ichiro's Malt)
・スコッチ文化研究所(書籍類 スコッチ)
・スリーリバーズ(スコッチ)
・信濃屋食品(スコッチ バーボン、他)
・HOROMATA EXPORTS(NZ) LIMITED(ニュージーランドウイスキー)
・ガイアフロー(スコッチ、他)
・サントリー(国産ウイスキー、他)
・太田甘池堂(羊羹)
・秩父源流水(水)
・リカーランドキムラ(ビール)
・三陽物産(ウイスキー)
・ベリー・ブラザーズ&ラッド(ウイスキー)
・キリンビール(ウイスキー)
・国分(ウイスキー)、ほか

スポンサーリンク



▼イベント概要
秩父ウイスキー祭2017
2017年2月19日
秩父神社
埼玉県秩父市番場町1-3
公式Facebook
ウイスキーフェス
 




共通テーマ:グルメ・料理