目黒雅叙園「百段雛まつり」2018年1月19日~3月11日迄。百段階段とお雛様の競演 [音楽・アート・展示会]

スポンサーリンク




2018年1月19日(金)から3月11日(日)までの期間、目黒のホテル雅叙園東京で「百段雛まつり 近江・美濃・飛騨ひな紀行」が開催されます。
百段雛まつりの会場は、ホテル雅叙園東京内にある著名な画家の日本画と、異彩を放った建築美が融合する東京都指定有形文化財の「百段階段」。
九十九段の階段で結ばれた絢爛豪華な7つの部屋に、テーマに分けて趣の異なるお雛さまが集います。

スポンサーリンク



gajoen-hinamaturi2018_01.jpg


9回目の開催となる今年のテーマは初となる、近江・美濃・飛騨地域のお雛さま。
岐阜県と滋賀県の2県9地域より約500体の雛人形が目黒のホテル雅叙園東京に集結。

大名家の姫君の婚礼調度や、近江商人として栄えた旧家に伝わる貴重な逸品。
関東では珍しい西の雛文化である御殿飾り、指先ほどの小さな郷土玩具など、岐阜・滋賀地域の雛文化を一挙公開します。

百段階段の特徴である欄間・天井の装飾と、長押より下に配置される雛人形の共演によって、まるで雛御殿の中にいるかのような空間が楽しめるのも見どころのひとつ。
人形文化の最高峰「お雛さま」と文化財「百段階段」との共演に足を運んでみてはいかがでしょうか。

なお今回は、目黒雅叙園の百段雛まつり史上初となる、一部部屋内での写真撮影が可能となっています。


gajoen-hinamaturi2018_02.jpg



◆目黒雅叙園 百段雛まつり2018の開催概要

名称:百段雛まつり 近江・美濃・飛騨ひな紀行
日程:2018年1月19日(金)~3月11日(日)
時間:10:00~17:00 ※最終入館16:30。
場所:ホテル雅叙園東京内 百段階段[地図:Google Map]
入場料:一般1,500円、前売券1,200円、学生800円 ※小学生以下無料
▼交通アクセス・最寄り駅
・JR、東急、東京メトロ「目黒駅」徒歩3分



◆目黒雅叙園 百段雛まつり2017の展示テーマ

(1)十畝の間:近江商人のお雛さま (滋賀・東近江市、近江八幡市、日野町)
(2)漁樵の間:飛騨高山の雛まつり1 (岐阜・飛騨高山)
(3)草丘の間:御殿飾りとお雛さま (岐阜・個人コレクション)
(4)静水の間:井伊家・砂千代姫の婚礼調度のお雛さま (滋賀・長浜城歴史博物館、大通寺)
(5)星光の間:郷土玩具と土雛の世界 (岐阜・日本土鈴館)
(6)清方の間:飛騨高山の雛まつり2 (岐阜・飛騨高山)
(7)頂上の間:美濃のお雛さまと大正村のお雛さま (岐阜・美濃市、日本大正村)
※展示内容は変更される場合があります



◆目黒雅叙園「百段雛まつり」の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんから、リプライでいただいた目黒雅叙園「百段雛まつり」の感想・口コミなどを掲載しています。



スポンサーリンク



▼イベント概要
百段雛まつり 近江・美濃・飛騨ひな紀行
2018年1月19日-3月11日
ホテル雅叙園東京 百段階段
東京都目黒区下目黒1-8-1
公式サイト
ひなまつり
 




共通テーマ:旅行