目黒・雅叙園東京で「神の手ニッポン展」2017年12月24日まで開催中 [音楽・アート・展示会]

スポンサーリンク




2017年12月1日(金)から12月24日(日)まで、ホテル雅叙園東京(東京都目黒区)で「神の手●ニッポン展 3」が開催されています。
同展は、日本のものづくり精神を受け継ぎながら、現代のセンスで意欲的に創作活動を行っているアーティストたちの作品が一堂に会する合同巡回展。
ホテル雅叙園東京で「神の手●ニッポン展」が行われるのは、今年で3回目となります。

スポンサーリンク



今回の「神の手●ニッポン展3」には、15名のアーティストが参加。

gajoen-kaminote-nippon2017_01.jpg
精緻に切り抜いた絵柄を何層も重ねることで立体感を出し、平面の絵に新たな命を吹き込む「シャドーボックス」。


gajoen-kaminote-nippon2017_02.jpg
文学作品の名文を切り取り、本来二次元である文字の世界を立体化した「立体切り文字」。


gajoen-kaminote-nippon2017_03.jpg
和紙を0.5ミリに満たない切り幅でカットした切絵に、アクリル絵の具や金属等の異素材を融合した「現代切絵アート」。


gajoen-kaminote-nippon2017_04.jpg
一切着色をしていない数十種類の木材を、色味や木目の違いを活かしながら絵として組み込んでいく「組み木絵」。


gajoen-kaminote-nippon2017_05.jpg
生き物や自然の風景をモチーフにしたアートを無接着・無塗料のペットボトルで作り出す「ペットボトルアート」などが並びます。

さらに過去2回の「神の手●ニッポン展」に出展したアーティストの人気作品も加わり、約80点もの神の手作品を紹介。

日本人ならではの手先の器用さや感性の豊かさを活かした、人間技とは思えない高度な技術に裏打ちされた作品の数々を楽しみに目黒・雅叙園東京にでかけてみてはいかがでしょうか。



◆目黒雅叙園 神の手ニッポン展2017の開催概要

名称:神の手●ニッポン展3
日程:2017年12月1日(金)~12月24日(日)
時間:10:00~18:00 ※最終入館17:30
場所:ホテル雅叙園東京・百段階段[地図:Google Map]
入場料:当日1,500円、学生800円、小学生以下無料
▼交通アクセス
・JR、東急、東京メトロ「目黒駅」徒歩3分



◆目黒雅叙園 神の手ニッポン展の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた、ホテル雅叙園東京「神の手ニッポン展」の感想・口コミなどを掲載しています。



スポンサーリンク



▼イベント概要
神の手●ニッポン展3
2017年12月1日-12月24日
目黒雅叙園 百段階段
東京都目黒区下目黒1-8-1
公式サイト
展示会
 




共通テーマ:アート