亀戸天神で「梅まつり」2018年3月4日まで開催中。例年見頃は2月中旬頃から [春のイベント]

スポンサーリンク




2018年2月4日(日)から3月4日(日)までの期間、東京・江東区の亀戸天神で「第21回 梅まつり」が開催されます。
見頃をむかえると、亀戸天神にある300本を越える紅梅や白梅が咲き誇り、ほんのりとした梅の香りが境内に漂う梅の祭典。

スポンサーリンク



亀戸天神梅まつりの画像


菅原道真公をお祀りする亀戸天神社の本殿前には、道真公が5歳の時に詠んだといわれる 「美しや 紅の色なる梅の花 あこが顔にも つけたくぞある」の歌碑が。
また、その横には一つの樹に紅梅と白梅の花が咲くことで有名な「五賢の梅」を見ることもできます。

2018年2月25日(日)には、亀戸天神の境内で「亀戸銘品市」「江戸切子実演販売」なども行われます。(時間10:00~14:00)



◆亀戸天神梅まつり2018 開催概要

名称:第21回 亀戸天神梅まつり
日程:2018年2月4日(日)~3月4日(日)
時間:随時
場所:亀戸天神社[地図:Google Map]
入園料:無料
▼交通アクセス・最寄り駅
・JR総武線「亀戸駅」徒歩15分
・JR総武線「錦糸町駅」徒歩15分



◆亀戸天神「梅まつり」の見頃・開花状況について

Twitterのフォロワーさんから、リプライでいただいた亀戸天神「梅まつり」の開花状況・見頃などの情報を写真とともに掲載しています。












スポンサーリンク



▼イベント概要
亀戸天神 梅まつり
2018年2月4日- 3月4日
亀戸天神 境内
東京都江東区亀戸3-6-1
公式サイト
梅まつり・花の名所
 




共通テーマ:旅行