川越まつり2017年10月14日~15日開催。山車の夜の曳っかわせは必見。屋台村や物産展も [秋のイベント]

スポンサーリンク




2017年10月14日(土)と10月15日(日)の2日間、埼玉県川越市で「川越まつり」が行われます。
江戸天下祭を今に再現し、360年以上もの伝統をもつ豪華絢爛なお祭り。
国指定重要無形民俗文化財に指定されています。

スポンサーリンク



川越まつりの画像


川越まつりの山車は、江戸と川越の職人によって作られた華麗な江戸系川越型。
山車の高さが約6m30cm、人形の高さが約1m90cm、合計で8メートル以上の高さの山車が曳き回され、川越の町を極彩色に染めます。

川越まつりの一番のクライマックスは「曳っかわせ(ひっかわせ)」。
山車が各町内の会所にさしかかる時や、他の山車とすれ違うとき、山車の正面を向けあって、囃子と舞いを披露し合います。

交差点に複数台の山車が集まり、舞台が回転して囃子の競演が行われる光景は圧巻。
特に夜の曳っかわせは曳き手の提灯が乱舞し、囃子方への声援が飛び交い、お祭りのムードは最高潮に達します。



◆川越まつり2017の開催概要

名称:平成29年 川越まつり
日程:2017年10月14日(土)~10月15日(日)
時間:10:00~22:00
場所:JR「川越駅」、西武線「本川越駅」周辺[地図:Google Map]



◆川越まつり2017の見どころ

(1)市役所前の山車揃い・巡行
時間:2017年10月14日(土) 13:30~15:00頃
   2017年10月15日(日) 11:15~12:15頃
場所:川越市役所前
内容:川越市役所前に多くの山車が揃います。
14日(土)は山車が市役所前を集中して通ります。
15日(日)は山車が市役所前に勢ぞろい。鳶職人による木遣りが披露されます。


(2)夜の曳っかわせ
時間:2017年10月14日(土) 19:00~21:00頃
   2017年10月15日(日) 18:30~21:00頃
場所:仲町、札の辻、連雀町、本川越駅前などの交差点ほか市内各所
内容:交差点で山車と山車が出会うと、山車の正面を向けあって囃子と舞いを披露し合います。
川越まつりの一番の見どころです。


(3)宵山の山車展示
時間:2017年10月14日(土) 18:00~19:00頃
内容:じっくりと山車を見ることができます。山車に提灯が灯り、居囃子が披露されます。


川越まつりの画像



◆川越まつり2017 屋台村・小江戸茶屋

川越まつりには、飲食店が勢ぞろいする「屋台村」が3ヶ所設置されて、10:00~21:30まで食事を楽しむことができます。

[屋台村の場所]
(1)丸広百貨店 東側駐車場[地図:Google Map]
(2)タイムズ川越幸町第2駐車場[地図:Google Map]
(3)エムエス観光バス駐車場[地図:Google Map]

また、「小江戸茶屋」では、小江戸と呼ばれる千葉県香取市、栃木県栃木市、埼玉県川越市の物産販売が10:00~21:30の間行われます。
・小江戸茶屋の場所[地図:Google Map]



◆川越まつりの感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんから、リプライでいただいた「川越まつり」の感想・口コミなどを掲載しています。





スポンサーリンク



▼イベント概要
川越まつり
2017年10月14日-10月15日
JR川越駅周辺
埼玉県川越市
公式サイト
お祭り
 



トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました