富士「河口湖ハーブフェスティバル2017」6月16日~7月17日まで開催 [夏のイベント]

スポンサーリンク




2017年6月16日(金)から7月17日(月・祝)までの期間、山梨県河口湖畔の八木崎公園(やぎさきこうえん)と、大石公園(おおいしこうえん)をメイン会場に「河口湖ハーブフェスティバル 2017」が開催されます。

河口湖畔では、例年この時期にラベンダーが見頃をむかえるほか、カモミールなどのハーブ類やベゴニア、ペチュニア、キンギョソウなど様々な花が咲き誇り、訪れた人の目を楽しませてくれます。

なお、2017年7月1日(土)にはハーブフェスティバルのイベントの一環として「富士山・河口湖山開きまつり花火大会」も催されます。

スポンサーリンク



◆河口湖ハーブフェスティバル2017の日程・時間・場所

名称:河口湖ハーブフェスティバル
日程:2017年6月16日(金)~7月17日(月・祝) ※八木崎公園は7月9日(日)まで。
時間:9:00~18:00(大石会場は17:00まで)
場所:山梨県川口湖畔
   八木崎公園[地図:Google Map]
   大石公園[地図:Google Map]
入場:無料


kawaguchiko-herb-festival2015_01.jpg
(出展:富士河口湖町観光連盟)



◆河口湖ハーブフェスティバル2017会場の特徴

◎八木崎公園会場
八木崎公園には、ハーブ苗やハーブ関連商品、毎年人気の「ラベンダーソフトクリーム」、「ハーブティー」、地元の名産品などを販売するテントが立ち並び、連日多くの観光客でにぎわいます。
また、ステージでは各種イベントが催され、ハーブフェスティバルを盛り上げます。


◎大石公園会場
大石公園では、初夏の富士山と紫色のラベンダーの美しいコントラストが目の前に広がり、河口湖越しに富士山を眺めることができます。
富士山を背景にラベンダー畑を撮影するのにオススメのスポットです。



◆河口湖ハーブフェスティバル2017会場へのアクセス・駐車場

◎八木崎公園へのアクセス
[電車・バスでのアクセス]
富士急行河口湖線「河口湖駅」より周遊レトロバス西湖・青木ヶ原線に乗り「八木崎公園」下車。
バス乗車時間は8~12分

◎大石公園へのアクセス
[電車・バスでのアクセス]
富士急行河口湖線「河口湖駅」より周遊レトロバス河口湖線に乗り終点「河口湖自然生活館」下車。
バス乗車時間は27~32分

◎八木崎公園・大石公園の駐車場
無料の臨時駐車場が用意されます。
※河口湖ハーブフェスティバル開催期間中は大石公園内のグランドが駐車場として開放されます。



◆河口湖ハーブフェスティバルの感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた 「河口湖ハーブフェスティバル」の感想・口コミなどを掲載しています。



スポンサーリンク



▼イベント概要
河口湖ハーブフェスティバル2017
2017年6月16日-7月9日
川口湖畔
山梨県南都留郡富士河口湖町
公式サイト
フラワーフェスティバル
 




共通テーマ:旅行