池袋サンシャイン水族館で「猛毒展2」開催。9月3日まで延長開催決定 [音楽・アート・展示会]

スポンサーリンク




2017年3月16日(木)から9月3日(日)までの期間、東京・池袋のサンシャイン水族館で特別展「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)」が開催されています。
2014年夏に開催され、3ヶ月間で約20万人を動員した人気の「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」がバージョンアップ。
当初、2017年6月25日(日)までの予定で開催されていましたが、好評につき一部展示生物を入れ替えて、9月3日(日)まで延長して開催されることが発表されています。

スポンサーリンク



moudoku-sunshine-aquarium01.jpg


今回の「猛毒展2」では、前回の「猛毒展」の展示生物を全て一新。
「防御するための毒をもつ生物」、「毒を利活用する生物」、「死亡例のある生物」の3つのコンセプトで展示会場が分けられ、毒を持つ生き物たち約25種類が紹介されています。

タンパク毒をもつ淡水エイの「ポルカドットスティングレイ」。
皮膚から刺激性の強い毒を分泌する「チョウセンスズガエル」。
陸ガメで唯一毒を持つ「ミツユビハコガメ」。
刺激臭を噴霧して敵を追い払う「シマスカンク」。
体長40センチを超える個体も存在するムカデの最大種「ペルビアンジャイアントオオムカデ」などが登場。

さらに今回は「見る」だけでなく、「触(ふ)れる」「嗅ぐ」などの体験も可能。
実際にスカンクの臭腺を嗅いで調香した「スカンクの分泌液の臭い」を体感できる仕掛けが用意されています。

また、サンシャイン水族館本館内のカフェやショップでは、見た目が毒々しいメニューや関連商品を販売。
五感で『毒』を感じることができる展示内容となっていますので、興味のある方はでかけてみてはいかがでしょうか。



◆サンシャイン水族館「猛毒展2」の日程・時間・場所

名称:サンシャイン水族館特別展「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)」
日程:2017年3月16日(木)~9月3日(日)
※2017年6月26日(月)~6月30日(金)は、展示入れ替えのため休催。
時間:10:00~20:00 (最終入場は終了30分前)
   2017年7月12日(水)~9月3日(日)は21:00まで。
場所:サンシャインシティ ワールドインポートマ-トビル屋上 特別展会場[地図:Google Map]
※水族館本館の営業時間とは異なります。
※混雑の状況により整理券を配布する場合があります。
▼交通アクセス・最寄り駅
・東京メトロ有楽町線「東池袋駅」徒歩5分
・JR「池袋駅」徒歩10分



◆サンシャイン水族館「猛毒展2」の入場料金

入場料:600円(税込)
※水族館利用の方、年間パスポートを保持している方は、400円(税込)
※下記対象施設・イベントを利用の方は、400円(税込)
サンシャイン60展望台、プラネタリウム満天、J-WORLD TOKYO、ナンジャタウン、古代オリエント博物館等


moudoku-sunshine-aquarium02.jpg
◎ポルカドットスティングレイ(タンパク毒をもつ淡水に棲むエイ)

moudoku-sunshine-aquarium06.jpg
◎チョウセンスズガエル(皮膚から刺激性の強い毒を分泌します)

moudoku-sunshine-aquarium04.jpg
◎シマスカンク(外敵に襲われた時に1キロ先まで臭う刺激臭を放ちます)

moudoku-sunshine-aquarium03.jpg
◎コバルトブルータランチュラ(牙に神経毒を持っており、餌となる昆虫を捕獲する時などに使用)



◆サンシャイン水族館「猛毒展2」の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた、サンシャイン水族館「猛毒展2」の感想・口コミなどを掲載しています。







スポンサーリンク



▼イベント概要
サンシャイン水族館特別展「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)」
2017年3月16日-9月3日
サンシャイン水族館
東京都豊島区東池袋3-1-3
公式サイト
展示会
 




共通テーマ:旅行