六本木国立新美術館で「ミュシャ展」6月5日まで開催中。スラヴ叙事詩全20作公開 [音楽・アート・展示会]

スポンサーリンク




2017年3月8日(水)から6月5日(月)までの期間、東京・六本木の国立新美術館で、チェコの芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)の作品を集めた「ミュシャ展」が開催されています。

スポンサーリンク



mucha2017_01.jpg


アルフォンス・ミュシャはアール・ヌーヴォーを代表する芸術家の1人。
美しい女性像や流麗な植物文様など、華やかで洗練された作品は多くの人を魅了しました。

その一方で、ミュシャは故郷チェコや自身のルーツであるスラヴ民族のアイデンティティをテーマにした作品も数多く制作。
縦6メートル、横8メートルに及ぶ巨大なカンヴァスに描かれた20点の油彩画《スラヴ叙事詩》は、晩年の17年間を捧げた渾身の作品。

今回の国立新美術館での「ミュシャ展」で、この《スラヴ叙事詩》全20点が一挙公開されます。
なお《スラヴ叙事詩》全20作がまとめて公開されるのは、チェコ国外では世界初。

ミュシャが《スラヴ叙事詩》を描くに至るまでの足跡を約100点の作品を通じて辿りつつ、最高傑作《スラヴ叙事詩》の全貌を紹介。
古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を映し出す壮大なスペクタクルを鑑賞することができます。



◆ミュシャ展@六本木国立新美術館の概要

名称:ミュシャ展
日程:2017年3月8日(水)~6月5日(月)
時間:10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
※毎週金曜日は20:00まで。
※2016年10月21日(金)、10月22日(土)は22:00まで。
休館:毎週火曜日(2017年5月2日は開館)
場所:国立新美術館 企画展示室2E [地図:Google Map]
▼交通アクセス
・東京メトロ千代田線「乃木坂駅」6出口直結
・都営地下鉄大江戸線「六本木駅」7出口 徒歩4分
・東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口 徒歩5分



◆ミュシャ展@六本木国立新美術館の観覧料

[前売券]
一般:1,400円
大学生:1,000円
高校生:600円

[当日券]
一般:1,600円
大学生:1,200円
高校生:800円
※中学生以下無料。
※2017年3月18日(土)~3月20日(月・祝)の3日間は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)



◆ミュシャ展@六本木国立新美術館の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた、六本木国立新美術館「ミュシャ展」の感想・口コミなどを掲載しています。





















スポンサーリンク



▼イベント概要
ミュシャ展
2017年3月8日-6月5日(月)
国立新美術館
東京都港区六本木7-22-2
公式サイト
展示会
 




共通テーマ:アート