永谷園「ビアードパパの飲むシュークリーム」JR東日本の駅自販機に登場 [食のイベント]

スポンサーリンク




2017年3月21日(火)から、JR東日本駅構内の自動販売機で、永谷園の缶タイプコールド飲料「ビアードパパの飲むシュークリーム」が販売されます。

スポンサーリンク



nagatanien-beardpapa01.jpg


「ビアードパパの飲むシュークリーム」は、シュークリーム専門店「ビアードパパ」のシュークリームをイメージして永谷園が開発したドリンク。
ちなみに「ビアードパパ(運営:株式会社 麦の穂)」は永谷園グループです。

今回発売される「ビアードパパの飲むシュークリーム」は、男性をターゲットとして、小腹がすいた時、甘いもので一息つきたい時などに、ひんやりあまく癒される味わいに仕上げたとのこと。

ビアードパパのシュークリームで使われているクリームを忠実に再現。
サラリとしていながら、コクと甘さが楽しめます。

「ビアードパパの飲むシュークリーム」は内容量190グラム、賞味期間12ヶ月。
希望小売価格は130円(税抜)となっています。

2017年3月21日(火)からJR東日本のエキナカ自販機acure<アキュア>の一部にて先行発売。
2017年4月24日(月)より全国での発売が予定されています。

なおシュークリーム専門店・ビアードパパでは、2017年3月末まで「クッキー&クリームシュー」を。
また4月末まで、和風のシュークリーム「かりんとうシュー」を期間限定販売しています。



◆「ビアードパパの飲むシュークリーム」の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた「ビアードパパの飲むシュークリーム」の感想・口コミなどを掲載しています。









スポンサーリンク


 




共通テーマ:グルメ・料理