「ネイチャーズベスト傑作写真展」日比谷公園内の図書文化館で8月9日まで開催中 [音楽・アート・展示会]

スポンサーリンク




2017年6月9日(金)から8月9日(水)までの期間、東京千代田区の日比谷図書文化館(旧:都立日比谷図書館)で特別展「世界が見た、驚きと感動の大自然 ネイチャーズベスト傑作写真展」が開催されています。

スポンサーリンク



naturesbest-hibiya03.jpg


「ネイチャーズベスト」は1995年から始まった世界最大規模の自然写真コンテスト。
世界中の優れたプロ・アマチュアカメラマンから寄せられる数多くの応募作品の中から優秀作品を選定して、アメリカのスミソニアン国立自然史博物館で展示、表彰するもの。

「ネイチャーズベスト」の写真のジャンルは、野生動物、植物、風景など自然界のあらゆる営みが対象となっていて、決定的瞬間を捉えた写真は、圧倒的な迫力と驚き、美しさに満ち溢れています。
また愛らしい動物たちの表情は、この地球・自然がかけがえのない大切なものであることを私たちに強く訴えかけます。

日比谷図書文化館で行われる「ネイチャーズベスト傑作写真展」では、展示替えも含め、ネイチャーズベストの歴代受賞・優秀作品など選りすぐりの写真作品約80点を一堂に紹介。
会期中には、カメラマンらによるワークショップや、講演会、ギャラリートークなども行われます。


naturesbest-hibiya02.jpg



◆ネイチャーズベスト写真展@日比谷図書文化館の開催概要

名称:世界が見た、驚きと感動の大自然 ネイチャーズベスト傑作写真展
日程:2017年6月9日(金)~8月9日(水)
休館:2017年6月19日(月)、7月17日(月・祝)。 7月10日(月)は展示替えのため休室。
時間:平日10:00~20:00、土曜10:00~19:00、日祝10:00~17:00
※入室は閉室の30分前まで
場所:千代田区立日比谷図書文化館 1階 特別展示室[地図:Google Map]
料金:一般300円、大学・高校生200円
※千代田区民・中学生以下は無料
▼交通アクセス・最寄り駅
・東京メトロ丸の内線、日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩3分
・都営地下鉄三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩3分
・東京メトロ千代田線「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩3分
・JR「新橋駅」徒歩約10分


naturesbest-hibiya01.jpg



◆ネイチャーズベスト写真展@日比谷図書文化館の関連イベント

(1)講演会「北の自然誌/northern wildlife」
日程:2017年6月30日(金)
時間:13:00~14:30(12:30開場)
場所:日比谷図書文化館 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)
講師:安藤 誠(ネイチャーガイド・プロカメラマン)
定員:180名(事前申込順、定員になり次第締切)
参加費:500円
※申込方法は日比谷図書文化館の公式サイトをご確認ください。

(2)ワークショップ「都会の中の自然を切り撮る - シャッタースピード、絞り、感度の3つを学ぶ基礎講座 -」
日程:2017年7月27日(木)
時間:13:00~14:30(12:30開場)
場所:日比谷図書文化館 4階 スタジオプラス(小ホール)
講師:加藤 文雄(ネイチャーフォトグラファー)
定員:30名(事前申込順、定員になり次第締切)
参加費:500円
※5月27日(土)より申込受付開始。申込方法は日比谷図書文化館の公式サイトをご確認ください。
※参加に際しては、シャッタースピード、絞り、感度の調整機能があるカメラをお持ち下さい。

(3)ギャラリートーク
日程:2017年6月15日(木)、7月22日(土)
時間:13:00~13:30
場所:日比谷図書文化館 1階 特別展示室
出演:[6月15日] 菊池 英俊(ネイチャーフォトグラファー)
   [7月22日] 園部 大輔(山岳風景写真家)
定員:30名程
参加費:無料(特別展の当日利用券が必要となります)
申込み:不要 ※直接会場におでかけください。

naturesbest-hibiya04.jpg



◆ネイチャーズベスト写真展の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた、日比谷図書文化館「世界が見た、驚きと感動の大自然 ネイチャーズベスト傑作写真展」の感想・口コミなどを掲載しています。





スポンサーリンク



▼イベント概要
世界が見た、驚きと感動の大自然 ネイチャーズベスト傑作写真展
2017年6月9日-8月9日
日比谷図書文化館
東京都千代田区日比谷公園1-4
公式サイト
展示会
 




共通テーマ:アート