横浜赤レンガ倉庫で「パンのフェス2018春」3月2日~4日まで開催 [食のイベント]

スポンサーリンク




2018年3月2日(金)から3月4日(日)までの3日間、神奈川・横浜赤レンガ倉庫で日本最大級のパンの祭典「パンのフェス2018春 in 横浜赤レンガ」が開催されます。

スポンサーリンク



pannofes2017_02.jpg


今回で4回目の開催となる「パンのフェス」。
2017年春には14万人以上、2017年秋には12万人以上が来場。
各回とも会場が熱気につつまれ、それぞれのブースの前に行列が絶えませんでした。

今回は「金谷ホテルベーカリー」、八芳園のベーカリー「HAPPO-EN BLUE TREE」、日本全国ご当地パン祭りで2年連続優勝した「Cafe & Bakery グルッペ」、京都のデニッシュパン専門店「アンデ」など16店が初出店。

全国各地の人気パン屋さんが作り出す、美味しいパンが会場を埋め尽くします。
なお「パンのフェス」は入場無料ですが、『パン屋さんエリア』先行入場のみ入場料(400円)が必要となります。


pannofes2017_03.jpg



◆パンのフェス2018春in横浜赤レンガの開催概要

名称:パンのフェス2018 春 in 横浜赤レンガ
日程:2018年3月2日(金)~3月4日(日)
時間:11:00~19:00  ※最終日は17:00まで。パン屋さんエリアは各日とも17:00まで
場所:横浜赤レンガ倉庫前イベント広場[地図:Google Map]
入場:無料
※『パン屋さんエリア』先行入場(11:00~14:30)には400円が必要です。小学生以下無料。
▼交通アクセス・最寄り駅
・みなとみらい線「馬車道駅」徒歩6分
・みなとみらい線「日本大通り駅」徒歩6分
・JR、市営地下鉄 「桜木町駅」徒歩約15分
・JR、市営地下鉄 「関内駅」徒歩約15分


pannofes2017_04.jpg



◆パンのフェス@横浜赤レンガ倉庫の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた、横浜赤レンガ倉庫「パンのフェス」の感想・口コミなどを掲載しています。









◆パンのフェス2018春の出店店舗

・Kalaheo bakery
・ブレドール葉山
・ポンパドウル元町本店
・横浜パンの家
・YOKOHAMA Bakery Chaleur
・ル ビアン ルミネ横浜店
・横浜市綜合パン・米飯協同組合
・神奈川パン屋の会
・麻布十番モンタボー
・AFFIDAMENTO BAGEL
・アンテンドゥ 学芸大学店
・石窯パン ふじみ
・お豆腐マフィン&豆乳スコーン専門店 Guruatsuぐるあつ
・小麦と酵母 満
・THE OPEN BAKERY
・代官山 シェ リュイ
・Demerara Bakery
・トライベッカ・ベーカリー
・パンの木
・ブーランジェリー タテル ヨシノ プリュス
・ブーランジェリーアツシ
・フスボン
・プラネット・ショコラ
・ボンジュール・ボン 吉祥寺店
・MAGOME
・満寿屋商店
・MIYABI
・焼きたてパン工房 ゆうは
・ブーランジェリー ア・ラ・ドゥマンド
・ワッフルハウス カリヨン
・ブーランジェリーラフィ
・ベーカリー ペニーレイン
・新潟地粉パンの店cosa
・フロマージュパン専門店 Marble coco.
・スコーンとティータイム famfam
・祇園喫茶Rinken
・ドミニクドゥーセの店
・おへそカフェ&ベーカリー
・有限会社菱田ベーカリー
・茶のま乃ぱん処
・「Spice Mayonnaise and ウチキパン」 by ウチキパン✕山下マヌー
・金谷ホテルベーカリー
・あづみの ぱんのわ
・カノムパン
・ デンマークベーカリー
・コーナーポケット
・Paradis
・アンデ
・HAPPO-EN BLUE TREE
・HEART BREAD ANTIQUE 菊名駅東口店
・aruch
・緑と風のダーシェンカ
・よろず茶屋444
・Café & Bakery グルッペ
・梅鶯堂
・マルニチガイ・丁字
・<CHIPPRUSON
・ 東京べーぐる べーぐり、ほか

スポンサーリンク



▼イベント概要
パンのフェス2018春 in 横浜赤レンガ
2018年3月2日-3月4日
横浜赤レンガ倉庫 イベント広場
神奈川県横浜市中区新港1-1
公式サイト
フードフェス
 




共通テーマ:グルメ・料理