御茶ノ水でりぼんの"ふろく"1000点が並ぶ企画展 入場無料開催。付録原画の展示も [音楽・アート・展示会]

スポンサーリンク




2017年2月18日(土)から6月4日(日)までの期間、東京・御茶ノ水の明治大学 米沢嘉博記念図書館で企画展「LOVE りぼん FUROKU 250万乙女集合! りぼんのふろく展」が入場無料で開催されます。

スポンサーリンク



ribon-furoku01.jpg
◎画像左から「矢沢あいの翠ちゃんファンシーボックス(1993年12月号)」、「吉住渉の未央ちゃんラブリーバッグ(1991年6月号)」、「水沢めぐみの姫ちゃんエンゼルレターセット(1991年2月号)」


創刊以来、少女文化をリードし続けてきた雑誌『りぼん』。
1994年には、少女マンガ誌史上最高発行部数255万部という数字を達成。
いまだにその記録は破られていません。

『りぼん』が人気の理由の一つには、「ふろく」の存在がありました。
今回の「りぼんのふろく展」では、250万人の乙女が夢中になった時代の『りぼん』のふろくに注目。

りぼんのふろく1000点のほか、ふろく原画35点も4期に分けて紹介されます。
(出展作家:池野恋、水沢めぐみ、柊あおい、吉住渉、さくらももこ、矢沢あい、高須賀由枝)
初期から現在まで、ふろく文化の変遷を追いかけ、『りぼん』の人気を紐解いていきます。



◆りぼんのふろく展の日程・時間・場所

名称:LOVE りぼん FUROKU 250万乙女集合! りぼんのふろく展
日程:2017年2月18日(土)~6月4日(日)
時間:[月・金]14:00~20:00 [土日祝]12:00~18:00
休館:毎週火・水・木曜日(祝日の場合は開館)
場所:明治大学 米沢嘉博(よねざわ よしひろ)記念図書館[地図:Google Map]
入場:無料
※特別整理日などで休館になる場合があります。
▼米沢嘉博記念図書館への交通アクセス
・JR「御茶ノ水駅」徒歩7分
・JR「水道橋駅」徒歩8分
・東京メトロ「神保町駅」徒歩8分


ribon-furoku02.jpg



◆りぼんのふろく展の展示構成

2017年2月から6月までの期間を4期に分け、各期ごとに原画・ふろくの展示替えがおこなわれます。

<第1期>
内容:池野恋先生、さくらももこ先生のふろく原画を展示
日程:2017年2月18日(土)~3月13日(月)

<第2期>
内容:吉住渉先生、水沢めぐみ先生のふろく原画を展示。
日程:2017年3月17日(金)~4月10日(月)

<第3期>
内容:柊あおい先生のふろく原画を展示。
日程:2017年4月14日(金)~5月8日(月)

<第4期>
内容:矢沢あい先生、高須賀由枝先生のふろく原画を展示。
日程:2017年5月12日(金)~6月4日(日)



◆りぼんのふろく展の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんから、リプライでいただいた「りぼんのふろく展」の感想・口コミなどを掲載しています。





スポンサーリンク



▼イベント概要
LOVE りぼん FUROKU 250万乙女集合! りぼんのふろく展
2017年2月18日-6月4日
米沢嘉博記念図書館
東京都千代田区猿楽町1-7-1
公式サイト
展示会