駒込六義園で夜桜鑑賞「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」2017年3月16日から開催 [春のイベント]

スポンサーリンク




2017年3月16日(木)から4月2日(日)までの期間、東京文京区本駒込の六義園(りくぎえん)で「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」が開催されます。
桜の見ごろを迎える時期に、六義園のシンボルともいえる『しだれ桜』をライトアップして、夜の闇に浮かびあがらせる、毎年人気の夜桜鑑賞イベント。

スポンサーリンク



rikugien-sakura2016_01.jpg


六義園のしだれ桜は、高さ15メートル、幅20メートルの壮大な大きさを誇ります。
ライトアップ期間中に昼間から六義園を訪れると、春のうららかな日の光に照り映えるしだれ桜が、夕日をあびて赤く染まり、日没後は夜の闇に浮かび上がるまでの変化を楽しむことができます。

「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」の会期中は、通常17時までの六義園開園時間が21時まで延長。
日没から21時まで、『しだれ桜』のライトアップが行われます。

また、軽食やお土産などを販売する「さくら茶屋」や、抹茶を楽しむことができる「抹茶茶屋」がライトアップにあわせて20時頃まで営業時間を延長。

例年、3月下旬から4月上旬頃に六義園のしだれ桜は開花して、見ごろを迎えます。
なお、東京で桜の開花宣言が発表される前後から、夜間かなりの混雑となりますので気をつけておでかけください。


六義園しだれ桜の画像



◆六義園 しだれ桜と大名庭園のライトアップ2017の日程・時間・場所

名称:六義園 「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」
日程:2017年3月16日(木)~4月2日(日)
時間:9:00~21:00 (最終入園は20:30まで)※ライトアップは日没~21:00
場所:六義園[地図:Google Map]
入園料:一般300円、65歳以上150円、小学生以下・都内在住・在学の中学生は無料
※16:30以降については、来場者の安全確保のため、立ち入り制限される区域があります
▼交通アクセス・最寄り駅
・JR山手線・東京メトロ南北線「駒込駅」 徒歩7分
・都営地下鉄三田線「千石駅」徒歩10分
※ライトアップ期間中は「駒込駅」から徒歩2分の染井門が開門します。

スポンサーリンク



▼イベント概要
六義園 「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」
2017年3月16日-4月2日
六義園
東京都文京区本駒込6-16-3
公式サイト
桜・花の名所
 




共通テーマ:旅行