白金台覚林寺で「清正公大祭」5月4・5日開催。「高輪のれんノ市」も同時開催 [GWのイベント]

スポンサーリンク




2017年5月4日(木・祝)と5月5日(金・祝)の2日間、東京・港区白金台の最正山覚林寺で「清正公大祭(せいしょうこうたいさい)」が行われます。
覚林寺は、戦国時代の武将・加藤清正公ゆかりのお寺で、白金の清正公さまと呼ばれ親しまれているお寺。

スポンサーリンク



seishoko-taisai2017_01.jpg


白金台 覚林寺の「清正公大祭」では、菖蒲(しょうぶ)の葉が入った「勝守(かちまもり)」が授与されます。
「勝守(かちまもり)」は、武運の強かった加藤清正公にあやかり、人生の苦悩に打ち勝ち、幸運に恵まれるよう、すべての「勝負に勝つ」という意味が込められた江戸時代から人気の高いお守り。

また、子どもの日にちなんで「開運出世鯉のぼり」も授与されます。
こちらの「鯉のぼり」は、子供がたくましく健やかに育つよう祈祷された紙製の鯉のぼり。
どちらも「清正公大祭」が行われる2日間のみの授与なので、これを求めるために多くの人が訪れます。

さらに白金台・覚林寺近くの商店街・メリーロード高輪では、清正公大祭にあわせて「のれんノ市」を開催。
覚林寺境内から周辺にかけて屋台・露店などが出店して賑わいます。
5月4日にはくまモン、5月5日には阿波踊りエンターテイメント集団の出演も予定されています。



◆白金台覚林寺 清正公大祭2017の日程・場所

名称:清正公大祭
日程:2017年5月4日(木・祝)~5月5日(金・祝)
場所:最正山覚林寺[地図:Google Map]
▼交通アクセス・最寄り駅
・都営地下鉄「白金高輪駅」または「白金台駅」徒歩5分。

スポンサーリンク



▼イベント概要
清正公大祭
2017年5月4日-5月5日
最正山覚林寺
東京都港区白金台1-47
お祭り