すみだ水族館に宮沢賢治の童話をイメージした「クラゲトンネル」登場。清川あさみ氏演出 [夏のイベント]

スポンサーリンク




2017年9月29日(金)から11月19日(日)までの期間、東京・墨田区の東京スカイツリータウン・ソラマチ内にある「すみだ水族館」で、アーティスト・清川あさみ氏のプロデュースによる「フェアリーテイル イン アクアリウム(Fairy tale in Aquarium)~水と幻想の世界~」が開催されます。

写真に刺繍を施す手法を用いて、絵本『銀河鉄道の夜』などの人気作品を発表しているアーティスト清川あさみ氏。
同イベント期間中、清川氏の演出により、すみだ水族館内が絵本の挿絵のように美しい世界観で彩られます。

スポンサーリンク



sumida-aquarium-kiyokawa01.jpg


すみだ水族館の館内には、壁と天井の3面に約5,000枚の鏡を貼り詰めた、全長50メートルのスロープ「クラゲ万華鏡トンネル」があります。

そのクラゲ水槽やトンネルの壁面に、銀河鉄道でわたる天の川をイメージした映像を投影。
水晶やトパーズの河原、りんごと薔薇の匂いがする風、きらきら燃えるとうもろこしの地平線など、宮沢賢治が言葉で紡いだ情景が目の前に広がります。

また高さ約7メートルのエントランスには、宮沢賢治『やまなし』の世界をイメージし、清川あさみ氏が今回の企画のために新たに制作したオリジナル映像が登場。

さらに、手のひらサイズの童話絵本を作る体験プログラムが用意されているほか、館内のカフェでは輝く銀河に漂うクラゲをイメージした特別メニュー「銀河系スイーツプレート(650円/税込)」や「Fairy tale ソーダ(600円/税込)」も販売されます。

宮沢賢治の童話をテーマにした美しい物語の世界に包まれる、文学の秋にぴったりのイベント。
水のいきものとアートが織りなす幻想的な童話の世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。


sumida-aquarium-kiyokawa02.jpg

sumida-aquarium-kiyokawa04.jpg



◆すみだ水族館「宮沢賢治×清川あさみ」展示概要

名称:Fairy tale in Aquarium ~水と幻想の世界~
日程:2017年9月29日(金)~11月19日(日)
時間:終日開催(9:00~21:00 ※季節により変動あり)
場所:すみだ水族館『クラゲ万華鏡トンネル』、『クラゲゾーン』ほか[地図:Google Map]
入館料:一般2,050円、高校生1,500円、小・中学生1,000円、幼児(3歳以上) 600円
▼交通アクセス・最寄り駅
・東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」すぐ
・東京メトロ、都営地下鉄、京成線「押上」駅すぐ


sumida-aquarium-kiyokawa03.jpg



◆すみだ水族館「宮沢賢治×清川あさみ」展示の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた、すみだ水族館「フェアリーテイル イン アクアリウム」の感想・口コミなどを掲載しています。







スポンサーリンク



▼イベント概要
Fairy tale in Aquarium ~水と幻想の世界~
2017年9月29日-11月19日
すみだ水族館
東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
公式サイト
水族館イベント
 




共通テーマ:旅行