横浜八景島「海の公園かき小屋2017-18」11月1日オープン。メニューと価格も [食のイベント]

スポンサーリンク




2017年11月1日(水)から2018年3月31日(土)までの期間、神奈川県横浜市金沢区の八景島・海の公園で「海の公園 かき小屋」がオープンします。
都心からも近く、新鮮な牡蠣が楽しめるため、週末には入店待ちの長い列ができる人気の牡蠣小屋。

スポンサーリンク



uminokouen-kakigoya01.jpg


「海の公園かき小屋」では、岩手県の三陸山田町から牡蠣を直送。
焼き牡蠣をはじめ、牡蠣飯、天ぷら、アヒージョなどで牡蠣を味わうことができます。

また牡蠣以外にも、地元漁協や横浜南部市場、地元農家の全面協力により、新鮮・採れたての魚介類や野菜などの食材を炭火焼きにして楽しむことも。

生ビール、日本酒、ハイボールなど種類豊富なドリンクのほかに、缶ビールや缶チューハイは自動販売機で購入することも可能です。

「海の公園かき小屋」は、プレハブとテントで作られ、ブロックとU字溝を組み合わせた"炉"や、一升瓶のケースで作られた"椅子"が並ぶ豪快なかき小屋のイメージを再現。
牡蠣は1盛り1,200円(税別)で販売されます。

電話での席予約が可能で、屋外にペット同伴可能な専用テーブルも用意されています。
冬の美味「牡蠣」を堪能しに横浜八景島・海の公園にでかけてみてはいかがでしょうか。


uminokouen-kakigoya2017_01.jpg



◆横浜八景島・海の公園かき小屋2017-18の概要

名称:海の公園 かき小屋
日程:2017年11月1日(水)~2018年3月31日(土)
時間:11:00~21:00(ラストオーダー20:30)
場所:海の公園 柴口駐車場内[地図:Google Map]
※2017年12月31日(日)~2018年1月2日(火)は休業。
※座席料、炭代はかかりません。
▼交通アクセス・最寄り駅
・シーサイドライン「八景島駅」徒歩1分
・シーサイドライン「海の公園柴口駅」徒歩7分



◆横浜八景島・海の公園かき小屋2017-18のメニューと価格

[フードメニューと価格] (税抜価格)
・三陸産牡蠣 (一盛り) 1,200円
・三陸産ホタテ (1個) 450円
・小柴産ホタテ (1個) 500円
・活きサザエ(1個) 450円
・ホンビノス貝(2個) 350円
・有頭えび串(2尾) 350円
・イカ焼き(1杯) 500円
・いわし丸干し(3尾)  300円
・マグロカマ(1パック)600円
・本日のおすすめ干物 400円
・牛骨付きカルビ 600円
・牛タン 900円
・とり手羽 400円
・ショルダーベーコン 600円
・ロングウィンナー 600円
・牛タン入りつくね串(2本) 350円
・かきのアヒージョ(1皿) 600円
・赤てんぷら 400円
・エイひれ 300円
・焼き野菜セット 500円
・スウィートコーン 300円
・にんにくのホイル焼き 450円
・ハッシュドポテト(3枚) 200円
・小柴産活き穴子の天ぷら 700円
・かき天ぷら 600円
・かき飯 300円
・乙舳汁(おっともじる) 250円、ほか

[ドリンクメニューと価格] (税込価格)
・生ビール・キリン一番搾り 550円
・ハイボール(ホワイトホース)450円
・チューハイ各種 400円
・カクテル各種 550円
・ワイン(750ml瓶) 1,600円~ 
・日本酒(300ml瓶) 540円~
・焼酎 450円
・ソフトドリンク、ほか

スポンサーリンク



▼イベント概要
海の公園かき小屋
2017年11月1日-2018年3月31日
海の公園
神奈川県横浜市金沢区海の公園10 海の公園柴口駐車場内
公式サイト
牡蠣小屋
 



トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました