新宿クロスカーサで、ステーキ・生ハム等食べ放題の「肉祭り」4月末迄開催 [食のイベント]

スポンサーリンク




2018年2月8日(木)から4月30日(月)までの期間、イタリアンカフェバル・クロスカーサ新宿東口店(東京都新宿区歌舞伎町)で、「”新”トリプル食べ放題肉祭り」が開催されています。

同キャンペーンは、『ローストビーフ』『生ハム』『ビーフハンバーグ』『ビーフステーキ』の4種類の肉料理から3種類が選べる食べ放題を、女性1,290円・男性1,670円で提供する期間限定の企画。

スポンサーリンク



2016年10月からスタートしたクロスカーサの「肉祭り」企画は、のべ1万人以上が利用。
合計で8トン以上ものお肉が提供された人気の食べ放題イベントです。

今回は『ブラックアンガス牛のローストビーフ』と『イタリア産生ハム』『ブラックアンガス牛の赤身肉と豆腐のビーフハンバーグ』『ブラックアンガス牛のビーフステーキ』の4種類から3種類をチョイスして食べ放題で楽しめる肉祭りが行われます。

食べ放題で提供するのは、ヨーグルトを塗布して48時間熟成させた後に、4時間じっくりと真空低温加熱した、肉本来の美味しさを閉じ込めたジューシーな『ローストビーフ』。
お肉には、世界三大牛の一つとも言われるブラックアンガス牛(オーストラリア産)を使用しています。

『ローストビーフ』は、オーダーを受けてからその場で1枚1枚ブロック肉をスライス。
約5ミリの厚さにスライスすることで、ジューシーな旨みが感じられ、噛むたびに肉汁が口の中に広がります。

xrosscasa05.jpg


また『生ハム』は、約14か月間じっくり熟成された「イタリア産プロシュート」を提供。
1枚1枚極薄スライスを施すことで、口の中でふわっと溶ける生ハムの食感が楽しめます。

xrosscasa01.jpg


『ブラックアンガス牛の赤身肉と豆腐のビーフハンバーグ』は、赤身肉の挽肉にヘルシー低カロリーにするために豆腐を加えて、鉄板で両面を焼き、肉汁を閉じ込めています。
スッキリした口当たりのデミグラスソースか、あらびき大根のおろしポン酢を選んで味わえます。

xrosscasa15.jpg


『ブラックアンガス牛のビーフステーキ』は、牛もも肉を使用。
赤身と脂身のバランスが絶妙で黒毛和牛に似た柔らかい肉質。
噛めばじわーっと旨みが口の中に広がり、赤身肉本来の美味しさを堪能することができます

xrosscasa16.jpg


今回のクロスカーサ「”新”トリプル食べ放題肉祭り」では、17時前までと、21時以降の入店限定で食べ放題・90分間を女性1,290円、男性1,670円(税込)で提供。
(17:15~19:00の入店の場合は、女性1,570円、男性1,950円)

食べ放題キャンペーンの参加方法は、事前にWEBページから2名以上での予約が必要。
また食べ放題の料金以外に、チャージ料と1ドリンク1フードの注文が必要になります。

新宿クロスカーサ店内は、カウンターのほか、ソファー席も完備されています。
ゆったりくつろぎながら、お肉料理の食べ放題を楽しんでみてはいかがでしょうか。


xrosscasa03.jpg



◆新宿クロスカーサ「新トリプル食べ放題肉祭り」の概要

名称:”新”トリプル食べ放題肉祭り
店舗名:クロスカーサ 新宿東口店
日程:2018年2月8日(木)~4月30日(月)
利用時間:17:00迄と21:00以降の入店限定
料金:女性1,290円、男性1,670円(税込)
※17:15~19:00までの入店の場合は、女性1,570円、男性1,950円
制限時間:90分(30分前ラストオーダー)
利用条件:2名以上、要予約、チャージあり、1ドリンク1フード、クーポン併用不可
住所:東京都新宿区歌舞伎町1-23-13第一大滝ビルB1[地図:Google Map]
営業時間:17:00~翌5:00
座席数:30席
予約は>>こちらから
▼交通アクセス・最寄り駅
・JR「新宿駅」徒歩4分
・西武新宿線「新宿駅」徒歩1分


xrosscasa04.jpg

スポンサーリンク



▼イベント概要
新宿クロスカーサ「”新”トリプル食べ放題肉祭り」
2018年2月8日-4月30日
イタリアンカフェバル XROSS CASA(クロスカーサ)新宿東口店
東京都新宿区歌舞伎町1-23-13
店舗サイト(ぐるなび)
食べ放題
 




共通テーマ:グルメ・料理