ホット飲料になった 飲む焼き芋「焼きいもだより」JR東日本の駅自販機に登場 [食のイベント]

スポンサーリンク




2017年10月10日(火)から、JR東日本駅構内の自動販売機で"焼いも"をイメージしたデザート風ドリンク「焼きいもだより」が販売されます。

スポンサーリンク



yakiimo-drink01.jpg


飲む焼き芋「焼きいもだより」は、ハウスウェルネスフーズが開発した商品。
焼きいもの甘さと香ばしさを再現た、飲みごたえのある焼き芋風ドリンク。

焼いもは、江戸時代後期から庶民の味覚として親しまれてきたことにちなんで、江戸時代よりさつま芋の産地として有名な「川越」のJR東日本駅構内のエキナカ自販機にて10月10日(火)から先行販売。
その後、10月17日(火)からJR東日本駅構内のエキナカ自販機で販売となります。

HOT飲料「焼きいもだより」の内容量は280ml。
希望小売価格は140円(税抜)となっています。



◆「焼きいもだより」の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた「焼きいもだより」の感想・口コミなどを掲載しています。



スポンサーリンク


 




共通テーマ:グルメ・料理