横浜赤レンガ倉庫で苺フェス「ストロベリーフェスティバル2019」2月1日~11日まで [冬のイベント]

スポンサーリンク




2019年2月1日(金)から2月11日(月・祝)までの11日間、横浜赤レンガ倉庫(神奈川県横浜市中区)で「ヨコハマ ストロベリー フェスティバル 2019」が開催されます。
アメリカ・カリフォルニアで行われている「イチゴの収穫祭」をモデルに2013年からはじまった、横浜赤レンガ倉庫の「いちごフェス」。
今年で7回目の開催となります。

スポンサーリンク



akarenga-strawberry2019_01.jpg


会場内の特設テントには「いちごマーケット」がオープン。
過去最多23店舗が出店して、横浜赤レンガ倉庫でしか味わえない苺スイーツや、いちごグッズ、いちご雑貨、横浜産の朝採れイチゴなどの販売が行われます。

また、佐賀県の新品種『いちごさん』や、千葉県産の『チーバベリー』、福島県産の『ふくはる香』、静岡県産の『紅ほっぺ』など8種類のいちごの無料サンプリングも実施。

そのほか会場には、いちごをモチーフにしたアトラクションなども設置されます。
横浜赤レンガ倉庫で、いちご三昧の一日を過ごしてみてはいかがでしょうか。



◆横浜ストロベリーフェスティバル2019の開催概要

名称:ヨコハマ ストロベリー フェスティバル 2019
日程:2019年2月1日(金)~2月11日(月・祝)
時間:[平日]11:00~18:00、[土・日]10:00~18:00
場所:横浜赤レンガ倉庫 イベント広場[地図:Google Map]
入場:無料(飲食・物販・アトラクション代は別途)
※雨天決行、荒天時は休業することがあります。
▼交通アクセス・最寄り駅
・みなとみらい線「馬車道駅」徒歩6分
・みなとみらい線「日本大通り駅」徒歩6分
・JR、市営地下鉄 「桜木町駅」徒歩約15分
・JR、市営地下鉄 「関内駅」徒歩約15分


akarenga-strawberry2019_02.jpg



◆横浜ストロベリーフェスティバルの感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんから、リプライでいただいた横浜赤レンガ倉庫「ストロベリーフェスティバル」の感想・口コミなどを掲載しています。














◆横浜ストロベリーフェスティバル2019の主なイベント

(1)いちごマーケット
横浜水信「イチゴ4種食べ比べセット(2,000円)」、馬車道十番館「とちおとめのまーるいショートケーキ(650円)」、東京ストロベリーパーク「めっちゃいちごパフェ(500円)」、香炉庵「いちごの生どらやき(400円)」といったイチゴスイーツから、いちごフィギュアや苺アクセサリーなどの雑貨を扱うショップまであわせて23店舗が出店します。

(2)8種類のいちごを日替わりで無料サンプリング
・2月1日(金) 千葉県産「チーバベリー」「真紅の美鈴」
・2月2日(土) 「よつぼし」
・2月3日(日) 栃木県産「とちおとめ」
・2月4日(月) 佐賀県産「いちごさん」
・2月5日(火) 佐賀県産「さがほのか」
・2月6日(水) 千葉県産いちご「チーバベリー」「真紅の美鈴」
・2月7日(木) 栃木県産「とちおとめ」
・2月8日(金) 静岡県産「紅ほっぺ」
・2月9日(土) 福島県産「ふくはる香」
・2月10日(日) 福島県産市「ふくはる香」
・2月11日(月) 栃木県産「とちおとめ」
※1人1パック限定。なくなり次第終了となります。また粒数は品種により異なります。

(3)横浜市のいちご直売
横浜市内のいちご農家が摘みたての新鮮いちごを販売します。

(4)いちごアトラクション
屋外スペースに、いちごをモチーフにした子供向けのアトラクションが設置されます。
・いちごふわふわ 500円/5分間
・ジャンプゾーン 1,000円/1回

スポンサーリンク



▼イベント概要
ヨコハマストロベリーフェスティバル2019
2019年2月1日-2月11日
横浜赤レンガ倉庫 イベント広場
神奈川県横浜市中区新港1-1
公式サイト
フードフェス
 





共通テーマ:グルメ・料理