旧古河庭園「春のバラフェスティバル2019」6月2日まで開催中。夜間ライトアップも [春のイベント]

スポンサーリンク




2019年5月1日(水・祝)から6月2日(日)までの期間、東京都北区の旧古河庭園にて、春バラの見頃にあわせた「春のバラフェスティバル」が開催されます。
旧古河庭園は、約100種・200株のバラが咲き誇る洋風庭園と、大正ロマン漂う重厚な洋館、そして風情ある日本庭園を一度に楽しむことができる都内でも貴重な庭園。

スポンサーリンク



旧古河庭園春のバラ画像


旧古河庭園「春のバラフェスティバル」は、今年で19回目の開催となります。
期間中は「バラと洋館・日本庭園のライトアップ」「春バラの音楽会」「庭園ガイド」「春バラ人気投票」など、バラに関する様々なイベントが催されます。
また同時に、バラの鉢植えやバラ関連の商品の販売も行われます。

例年、旧古河庭園の春バラの見頃は5月中旬頃から6月いっぱい頃まで。
「春のバラフェスティバル」が終わった後も、花数は減少していきますが、6月下旬頃までバラを楽しむことができます。
バラの香りに包まれた旧古河庭園で、優雅なひとときを過ごしにでかけてみてはいかがでしょうか。

なお、2019年5月8日(水)~6月9日(日)まで、東京都調布市の神代植物公園(じんだいしょくぶつこうえん)でも「春のバラフェスタ」が開催されます。



◆旧古河庭園 春のバラフェスティバル2019の開催概要

名称:旧古河庭園 春のバラフェスティバル
日程:2019年5月1日(水・祝)~6月2日(日)
時間:9:00~17:00 ※最終入園は閉園時間の30分前。
※5月1日(水・祝)~5月6日(月・振休)は18時閉園。
※5月10日(金)~5月19日(日)のライトアップ期間中は21:00閉園
場所:旧古河庭園[地図:Google Map]
入園料:一般150円 / 65歳以上70円
※小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料
▼交通アクセス・最寄り駅
・JR京浜東北線「上中里駅」徒歩7分
・東京メトロ南北線「西ヶ原駅」徒歩7分
・JR山手線「駒込駅」徒歩12分
・北区コミュニティバス「旧古河庭園」下車



◆旧古河庭園「バラフェスティバル」の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた、旧古河庭園「バラフェスティバル」の感想・口コミなどを掲載しています。


































◆旧古河庭園 春のバラフェスティバル2019 主なイベント内容

(1)バラと洋館・日本庭園のライトアップ
バラ園と洋館、日本庭園の幻想的なライトアップが行われます。
17:00以降は、立ち入りの制限される区域があります
日程:2019年5月10日(金)~5月19日(日)
時間:日没~21:00


(2)春バラの音楽会
洋館わきの芝生広場で、音楽家による音楽会が行われます。
バラ香る庭園で素敵な音楽を聞きながら、穏やかなひとときが過ごせます。
日程:2019年5月1日(水・祝)、5月6日(月・祝)、5月26日(日)
時間:各日12:00、15:00(各回約30分)
場所:洋館横 芝生広場
※雨天中止


(3)春バラ人気投票
旧古河庭園内のお気に入りのバラの名前を書いて投票する人気の企画。今年で7回目の開催。
昨年の人気投票は、1位『シンデレラ』、2位『初恋』、3位『丹頂』でした。


(4)庭園ガイド
旧古河庭園ガイドボランティアが、日本庭園を中心に園内を案内してくれます。
日程:2019年5月1日(水・祝)~6月2日(日)
時間:[土・日] 11:00、14:00(各回約60分)
   [月~金] 14:00(各回約60分)
参加費: 無料(入園料別途)
※雨天中止


(5)ローズショップ
バラの鉢植え、バラ関連の商品等の販売が行われます。
日程:2019年5月1日(水・祝)~6月2日(日)
時間:10:00~16:30 ※ライトアップ期間中は20:30まで
荒天中止

スポンサーリンク



▼イベント概要
旧古河庭園 春のバラフェスティバル
2019年5月1日-6月2日
旧古河庭園
東京都北区西ヶ原1-27-39
公式サイト
花の名所