「激辛グルメ祭り2019」新宿大久保公園で9月18日まで開催中。メニューと価格も [食のイベント]





2019年8月7日(水)から9月18日(水)までの期間、東京・新宿歌舞伎町の大久保公園で「激辛グルメ祭り2019」が開催されています。
同イベントは「激辛だけど超うまい!」がコンセプトのフードフェスで、今回で8回目。
2019年8月23日(金)~8月28日(水)の6日間は、第3ラウンド・9店舗が出店します。

スポンサーリンク



新宿大久保公園の会場に、タイ・韓国・中国・四川・インド・モンゴル・ベトナム・スペインといった世界各地の激辛料理のほか、激辛のラーメン・餃子・カレーライス・たこ焼きなども加わった激辛グルメの名店が集結。

今回は、全6ラウンドの店舗入れ替え制で実施。
過去最大46店舗が出店します。

ラウンドごとに店舗や料理が入れ替わるため、訪れるたびに異なる激辛料理に出会うことができるのも「激辛グルメ祭り」の魅力。
真夏の東京・新宿で「激辛だけど超うまい!」料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。



◆激辛グルメ祭り2019 第3ラウンドの出店店舗とメニュー

【激辛グルメ祭り 第3ラウンド 8月23日(金)~8月28日(水)】

gekikara-gourmet2019_sm03.jpg

(1)炎麻堂(中国料理)
毎日でも食べたくなる「麻婆豆腐」がコンセプト。
[メニュー・価格]
・炎魔麻婆豆腐 (M)800円 (L)1000円
・麻婆豆腐 (M)800円 (L)1000円
・よだれ鶏 800円

(2)スペインクラブ(スペイン料理)
唐辛子をたっぷり使った「パエリア」「アヒージョ」は、スペイン料理ファンと激辛ファンの両方を喜ばせてくれそう。
[メニュー・価格]
・情熱の激辛イベリコパエリア (M)800円 (L)1,200円
・炎のシーフードアヒージョ 生ハム入り バケット付き 800円

(3)ソウルフードインディア(インド料理)
本場インドの味を堪能できる、水道橋のインド料理店。
「チキンと野菜のスパイシーカレー」は、ゴロゴロ大きめの具材が美味しさを引き立てます。
[メニュー・価格]
・チキンと野菜のスパイシーカレー (M)800円 (L)1,000円
・ミニ タンドリーフライドチキン(5本) 1,000円
・じゃがいもと野菜のスパイシー炒め (M)800円 (L)1,000円

(4)ソウルフードバンコク(タイ料理)
タイ料理店・ソウルフードバンコクは7年連続の出場。
「空芯菜炒め」「トムヤム唐揚げ」は、ビールが進みそう。
[メニュー・価格]
・トムヤムまぜそば (M)1,000円 (L)1,200円
・空芯菜炒め (M)1,000円 (L)1,200円
・トムヤム唐揚げ 800円

(5)台湾小吃 美(台湾料理)
横浜・元住吉で本場台湾料理を提供するディープなお店。
激辛マニアの店主が作り出す、辛くて旨い料理が味わえます。
[メニュー・価格]
・辛々麺 (S)800円 (M)1,000円 (L)1,200円
・砂肝のねぎ和え 1,000円
・ガツのねぎ和え 800円

(6)チャンドゥ・ハウス(中国料理)
ローカルな成都料理と新しい創作料理を提供する中国料理店。
[メニュー・価格]
・紅妖(赤鬼)坦々麺 1,000円
・成都麻婆豆腐 800円
・麻辣牛肉干 800円

(7)居酒屋とよじろう(居酒屋料理)
鹿児島県産の黒豚メニューを得意とする居酒屋。
自慢の「ブタのもつ煮こみ」で参戦。
[メニュー・価格]
・鹿児島産黒ブタのもつ煮込み 単品800円、丼ぶり1,000円
・デス辛鹿児島産黒ブタのもつ煮込み 単品1000円、丼ぶり1,200円
・デス辛ジョロキア若鳥もも肉のカツレツ 1,200円
・若鳥もも肉の激辛カツレツ 1,000円

(8)拉麺一匠 DEAD OR ALIVE(ラーメン)
痺れる辛さで人気の「朝天麻辣白湯麺」はもちろん、10辛の「死神オブザデッド」も食べてみたい一品。
[メニュー・価格]
・朝天麻辣白湯麺 (S)800円 (M)1,000円 (L)1,200円
・ハラペーニョホッパー 2個800円
・死神オブザデッド 1,200円

(9)ロータスパレス(ベトナム料理)
宮廷料理である繊細な中部フエ料理をはじめ、本場のベトナム料理が味わえる赤坂・池袋の名店。
激辛なのに洗練されたベトナムグルメが堪能できそう。
[メニュー・価格]
・激辛牛すじカレーフォー 1,000円
・激辛ベトナム風サラダ麺 1,000円
・激辛ガーリックシュリンプ 1,200円



◆激辛グルメ祭り2019の開催概要

名称:激辛グルメ祭り2019
日程:2019年8月7日(水)~9月18日(水)
   第1ラウンド 8月7日(水)~8月14日(水) 8日間
   第2ラウンド 8月16日(金)~8月21日(水) 6日間
   第3ラウンド 8月23日(金)~8月28日(水) 6日間
   第4ラウンド 8月30日(金)~9月4日(水) 6日間
   第5ラウンド 9月6日(金)~9月11日(水) 6日間
   第6ラウンド 9月13日(金)~9月18日(水) 6日間
※8月15日(木)、22日(木)、29日(木)、9月5日(木)、9月12日(木)は店舗入替日のため休業
時間:11:00~21:00
場所:新宿歌舞伎町・大久保公園[地図:Google Map]
入場:無料(飲食は有料)
※雨天開催。荒天時中止となることがあります。
▼交通アクセス・最寄り駅
・西武新宿線「西武新宿駅」徒歩3分
・JR「新宿駅」徒歩8分






◆激辛グルメ祭りの感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんから、リプライでいただいた「激辛グルメ祭り」の感想・口コミなどを掲載しています。















◆激辛グルメ祭り2019の出店店舗とメニュー

【激辛グルメ祭り 第4ラウンド 8月30日(金)~9月4日(水)】

gekikara-gourmet2019_sm04.jpg

(1)宇都宮餃子館(餃子専門店)
餃子の辛さは3種類から選択可能。
唐辛子をたっぷり練り込んだ激辛肉あんの餃子は絶品。
[メニュー・価格]
・餃子(8個) 800円
・揚げシウマイ(7個)1,000円
・餃子6個&激辛手羽2本 1,200円

(2)親鳥専門店 ばかたれ(日本料理)
都内では珍しく、旨味が強くコリコリとした食感が特徴の親鳥を使った料理を提供している五反田の名店。
「幻の鶏ホルモン 激辛」の100倍辛い「地獄の鶏ホルモン」にも、ぜひ挑戦してみて。
[メニュー・価格]
・幻の鶏ホルモン 800円
・辛さ100倍 地獄の鶏ホルモン 1,000円

(3)四川麻辣湯(中国料理)
オリジナルの薬膳スープで作った本場四川の薬膳料理店。
[メニュー・価格]
・特製四川麻辣湯(半熟味卵と万能ネギ付き)1,000円
・四川麻辣湯 800円
・鶏の手羽先 800円
・鶏の足 800円

(4)じもん(ラーメン)
高円寺の激辛ラーメン専門店。
辛い中にも、しっかり旨味を閉じ込めた味がファンを魅了します。
[メニュー・価格]
・タンタンメン (S)800円 (M)1,000円
・タンタンメン花椒 (S)1,000円 (M)1,200円
・旨辛水餃子 800円

(5)晴々飯店(中国料理)
麻婆豆腐発祥店の伝統のレシピを受け継ぐ「プレミアム麻婆豆腐」は痺れる辛さが評判。
看板メニューの「李姐餃子」も、激辛グルメ祭り仕様で味わえます。
[メニュー・価格]
・プレミアム麻婆豆腐 1,000円
・李姐(リーチェ)餃子 800円
・涙も出る!よだれ鶏 1,000円

(6)ソウルフードインディア(インド料理)
本場インドの味を堪能できる、水道橋のインド料理店。
第3ラウンドに引き続き2週間連続出店。
「チキンキーマカレー」は絶品。
[メニュー・価格]
・チキンキーマカレー (M)800円 (L)1,000円
・ミニ タンドリーフライドチキン(5本) 1,000円
・じゃがいもと野菜のスパイシー炒め (M)800円 (L)1,000円

(7)ソウルフードバンコク(タイ料理)
第3ラウンドに引き続きいての参戦。
第4ラウンドでしか食べられない「グリーンカレーヌードル」は食べ逃せません。
[メニュー・価格]
・グリーンカレーヌードル (M)1,000円 (L)1,200円
・空芯菜炒め (M)1,000円 (L)1,200円
・鶏もも肉の辛みソースかけ 800円

(8)Trattoria BUBU(イタリア料理)
人気のイタリア料理店が「デス辛ジョロキア鹿児島産黒ブタもつのトマト煮こみ」「デス辛ジョロキアアラビアータソースのペンネ」といったオリジナルの激辛メニューを引っさげて登場。
うま辛の「イタリア風カツレツ」も気になります。
[メニュー・価格]
・鹿児島産黒ブタもつのトマト煮こみ 800円
・デス辛ジョロキア鹿児島産黒ブタもつのトマト煮込み 1,000円
・激辛アラビアータソースのペンネ (S)1,000円 (M)1,200円
・若鶏もも肉の辛辛イタリア風カツレツ 1,000円

(9)MARZAC7(肉バル)
中目黒・目黒川沿いの一軒家ワインバルが「激辛グルメ祭り」に初参戦。
[メニュー・価格]
・ハラペーニョまみれの塩トンテキ 1200円
・怒りん坊!チキンボール 1000円
・スイートチリとクリームチーズソースフライドポテト(1/2)800円 (レギュラー)1,200円



【激辛グルメ祭り 第5ラウンド 9月6日(金)~9月11日(水)】

gekikara-gourmet2019_sm05.jpg

(1)宇都宮餃子館(餃子専門店)
宇都宮餃子の名店が第4ラウンドに引き続き2週間連続出店。
餃子の辛さは3種類から選べます。
[メニュー・価格]
・餃子(8個) 800円
・蒸しシウマイ(7個)1,000円
・餃子6個&蒸しシウマイ3個 1,200円

(2)クルアチャオプライヤー(タイ料理)
タイ東北部出身の料理人が作る辛さ際立つタイ料理。
「2種の合盛り」は、いろいろ食べ比べしたい人には嬉しいメニュー。
[メニュー・価格]
・トリ肉とチリペースト炒め 800円
・米麺のタイ風焼きそば 1000円
・トムヤムラーメン 1000円
・2種の合盛り 1,200円

(3)たこ焼専門店 くれおーる(たこ焼)
大阪の人気たこ焼専門店チェーン。
旨くて辛いたこ焼きは、何個でも食べられそう。
[メニュー・価格]
・浪速の旨辛ソースたこ焼(8個)800円
・浪速の辛つゆ入りたこ焼き(6個)800円
・おかんの直伝牛すじ辛味噌煮込み 1,000円

(4)ホルモン焼 幸永(韓国料理)
第1回「激辛グルメ祭り」から7年連続出店のホルモン焼 幸永。
辛さと旨さの絶妙なバランスがクセになる「激辛冷麺」が今年も味わえます。
[メニュー・価格]
・ホルモンミックス (単品)800円 (丼)1,000円
・激辛冷麺 800円、 (大盛)1,000円
・特製牛すじ煮込み 800円

(5)謝朋酒僂(中国料理)
横浜中華街の名店。
本場の味づくりにこだわった、本格的な四川料理が楽しめます。
[メニュー・価格]
・本格成都陳マーボー豆腐 800円
・よだれ鶏 1,000円

(6)プングム(韓国料理)
東京・新大久保の人気韓国料理店・プングム。
チーズとの相性がバッチリの「チーズタッカルビ」が、今年も味わえます。
[メニュー・価格]
・チーズタッカルビ 1200円
・タッカルビ 1000円
・チーズうどんタッカルビ 1200円
・うどんタッカルビ 1000円

(7)三田麺屋 やっとこ(ラーメン)
スパイス10種を独自製法で熟成させた「ブラック激辛ソース」を使用。
スパイシーな香りと辛くて旨い味わいが口に広がります。
[メニュー・価格]
・極上ブラックつけ麺 1200円
・究極ブラック餃子 1000円

(8)海老と麺 シモキタシュリンプ(エビ料理)
世界の海老が食べられる下北沢の海老専門店。
今回の「激辛グルメ祭り」には海老マヨとまぜそばで参戦。
[メニュー・価格]
・旨辛海老マヨ 1000円
・和風激辛海老まぜそば 1200円

(9)ピラミッド(カレー)
[メニュー・価格]
・スリル満点!合いがけカレー ライス付1200円
・神秘の野獣キーマカレー (単品)800円 (ライス付)1000円
・みんなのソーセージカレー (単品)800円 (ライス付)1000円



【激辛グルメ祭り 第6ラウンド 9月13日(金)~9月18日(水)】

gekikara-gourmet2019_sm06.jpg

(1)赤い壺(唐辛子料理専門店)
東京・表参道のとうがらし料理専門店。
唐辛子の旨味を凝縮したメニューが楽しめます。
[メニュー・価格]
・壷の旨辛ガーリックシュリンプ 1000円
・チキンとせせりの辛味噌激辛煮込み 800円

(2)麻布バッファローウイングス(アメリカ料理)
アメリカN.Y.で人気のメニュー『バッファローウイング』の専門店。
辛さは通常から、激辛ハバネロソースをかけた「レッドドラゴン」までの3段階で楽しめます。
[メニュー・価格]
・バッファローウイング5ピース 800円
・バッファローチキン(カレー味)5ピース 800円
・バッファローチキン(blackdragon)5ピース 800円
・スパイシーホットドック 1,000円

(3)アジアンタワン168(タイ料理)
タイ・チェンマイ出身のシェフがつくる、とびきりの辛さが楽しめる本格タイ料理。
タイの激辛唐辛子“ブリッキーヌ”の刺激が味わえます。
[メニュー・価格]
・ガパオライス (S)800円 (M)1,000円
・グリーンカレー (S)800円 (M)1,000円
・ガパオグリーン豪華2種盛り 1200円
・トムヤム唐揚げ 800円

(4)燻製カレー くんかれ(カレー)
10種類以上の香辛料を調合した独自のスパイスと、スモーキーな燻製の香りが美味しさを引き立てる激辛カレー。
[メニュー・価格]
・ゴロゴロチキンカレー (S)800円 (M)1000円
・特製カレー (S)1,000円 (M)1,200円
・キーマカレー (S)1,000円 (M)1,200円

(5)ホルモン焼 幸永(韓国料理)
第5ラウンドに続いて2週連続出店のホルモン焼 幸永。
[メニュー・価格]
・ホルモンミックス (単品)800円 (丼)1,000円
・激辛冷麺 800円、 (大盛)1,000円
・旨辛!キムチチゲ 800円

(6)汁なし担担麺ピリリ(ラーメン)
四川の痺れる花椒と10種類近いスパイスを使った自家製ラー油がおいしさを引き立てます。
[メニュー・価格]
・麻婆豆腐 (S)800円 (M)1000円
・激辛麻婆豆腐 (S)1,000円 (M)1,200円
・麻婆麺 1000円
・激辛麻辣麺 1200円

(7)スペインクラブ(スペイン料理)
第3ラウンドに出店したスペイン料理の名店「スペインクラブ」が再登場。
唐辛子をたっぷり使った「パエリア」「アヒージョ」は、スペイン料理ファンと激辛ファンの両方を喜ばせてくれそう。
[メニュー・価格]
・情熱の激辛イベリコパエリア (M)800円 (L)1,200円
・炎のシーフードアヒージョ 生ハム入り バケット付き 800円

(8)浅草 肉のスタミナ屋(日本料理)
東京浅草の肉の名店が、辛さにこだわった肉寿司を提案。
激辛グルメ祭り限定の「炙り握り肉寿司」「太巻き肉寿司」それぞれの美味しさが楽しめます。
[メニュー・価格]
・閻魔の炙り握り肉寿司 1000円
・閻魔の太巻き肉寿司 800円
・炙り寿司&太巻き寿司セット 1,200円

(9)プングム(韓国料理)
東京・新大久保の人気韓国料理店・プングムが2週連続出店。
チーズとの相性がバッチリの「チーズタッカルビ」は必食。
[メニュー・価格]
・チーズタッカルビ 1200円
・タッカルビ 1000円
・チーズうどんタッカルビ 1200円
・うどんタッカルビ 1000円



【激辛グルメ祭り 第1ラウンド 8月7日(水)~8月14日(水)】※終了

gekikara-gourmet2019_sm01.jpg

(1)アムリタ食堂(タイ料理)
東京・吉祥寺のタイ料理の名店。
「ガパオ丼」「グリーンカレー」「ソーセージ」にプリッキーヌ、生唐辛子などを加えて激辛仕様に。
[メニュー・価格]
・激辛ガパオ丼 1,200円
・激辛ソーセージ 1,000円
・グリーンカレー (S)800円 (M)1,200円

(2)辛麺屋 一輪(ラーメン)
宮崎発祥の「辛麺」で世界に挑戦するラーメン専門店。
ヘルシーなこんにゃく麺に地獄の辛さをまとった「辛麺(とんでもねぇ)」は完食者がほとんどいないという名物。
サイドメニューの「豚なんこつ」も絶品。
[メニュー・価格]
・辛麺(とんでもねぇ) 1,200円
・辛麺(10辛) 1,000円
・豚なんこつ 800円

(3)京華樓(四川料理)
激辛グルメ祭りで人気ナンバーワンを獲得したこともある「本場の四川麻婆豆腐」が今年も登場。
花椒のビリビリとしたしびれる辛さがクセになる逸品。
[メニュー・価格]
・本場の四川麻婆豆腐 (S)800円 (M)1,000円 (L)1,200円
・よだれ鶏 1,000円
・牛バラ肉と姫タケノコの四川風煮込み 1,000円

(4)サフラン池袋(インド料理)
インド人シェフが作る池袋の有名インド料理店。
注文者の1割しか完食できないという「世界一辛いカレー」は、タバスコの約400倍の辛さを誇るオリジナルの『ブートジョロキア』を使用。
「うま辛キーマカレー」は、鶏ひき肉から溢れる旨味とコクが、スパイスの深みをさらに引き立てます。
[メニュー・価格]
・世界一辛いカレー 1,200円
・うま辛キーマカレー 1,200円
・辛チキバンバン (4個)800円 (6個)1,000円

(5)辛ちゃん(韓国料理)
ジューシーな韓国式炭火焼きチキンを堪能できる、新大久保で人気の韓国料理店。
今回は、手羽先を2種の味付けで参戦。
[メニュー・価格]
・辛ちゃん手羽先 ゴチュ味 (4ピース)800円
・辛ちゃん手羽先 ニンニク醤油味 (4ピース)800円

(6)チャオエムカフェ(ベトナム料理)
花小金井のベトナム料理店。
本場ベトナムシェフが作る「ブンボーフエ」は必食。
[メニュー・価格]
・ブンボーフエ (M)1000円 (L)1200円
・鶏肉のライムリーフ焼き (S)800円 (M)1,000円 (L)1,200円
・ブンキムチ 1000円

(7)陳家私菜(中国料理)
激辛中華料理で人気の陳家私菜が今年も出店。
看板メニューの「頂天麻婆豆腐」「皇帝口水鶏」は絶品。
新名物「三種花椒のしびれ鶏」は、3種類の花山椒を使った激辛としびれの究極な味わいが楽しめます。
[メニュー・価格]
・頂天麻婆豆腐 800円
・皇帝口水鶏(本場四川やみつきよだれ鶏) 800円
・花椒麻鶏(三種花山椒しびれ鶏) 1,000円

(8)麺屋まぜはる(日本料理)
浅草橋の台湾まぜぞば専門店。
本場の「台湾まぜそば」と、山椒の香りと4種類の四川唐が絡む激辛な「四川まぜそば」で参戦。
プラス200円でパクチートッピングも可能です。
[メニュー・価格]
・四川まぜそば 1000円
・台湾まぜそば 1000円

(9)ペルー料理&バルALDO(ペルー料理)
東京青山のペルー料理専門店。
牛肉と野菜たっぷりの「ロモ・サルタード」をはじめ、美食の国ペルーの激辛料理が楽しめます。
[メニュー・価格]
・ロモ・サルタード 1,200円
・アヒデガジーナ 1,000円
・激辛ハチノススープ 800円



【激辛グルメ祭り 第2ラウンド 8月16日(金)~8月21日(水)】※終了

gekikara-gourmet2019_sm02.jpg

(1)Tokyo spice curry 赤と黒(カレー)
東京・荻窪にある、横浜ボンベイ高田馬場店の初系列店。
野菜の旨味が凝縮し、深い味わいなのに爽やか。
辛さは、辛口から超極辛まで選択できます。
[メニュー・価格]
・赤の薬膳カレー (S)800円 (M)1,000円
・黒のカシミールカレー (S)800円 (M)1,000円
・タンドリーチキン 1,200円

(2)辛麺屋 一輪(ラーメン)
第1ラウンドに引き続いて第2ラウンドも「辛麺屋 一輪」が登場。
辛いのにうまい「辛麺」をお見逃し無く。
[メニュー・価格]
・辛麺(とんでもねぇ) 1,200円
・辛麺(10辛) 1,000円
・豚なんこつ 800円

(3)京華樓(四川料理)
第1ラウンドに引き続いて四川料理の「京華樓」が出店。
「鶏の軟骨とピーナッツの香辣炒め」はビールとの相性バツグン。
[メニュー・価格]
・本場の四川麻婆豆腐 (S)800円 (M)1,000円 (L)1,200円
・鶏の軟骨とピーナッツの香辣炒め (S)800円 (M)1,000円
・牛肉の刻み唐辛子ソース掛け 1,000円

(4)タイ田舎料理 クンヤー(タイ料理)
本場の味を知るタイ人に愛され続ける池袋のタイ料理店。
ガパオライスやパッタイといったタイ料理の人気メニューが激辛仕様で楽しめます。
[メニュー・価格]
・ガパオライス 1,200円
・パッタイ 1,000円
・ガイトート(鶏の唐揚げ) 800円

(5)チーズとジビエ 加哩なる一族(インド料理)
淡路島産プレミアム玉ねぎを丸ごと一つ分漬け込んだ「淡路島カレー」は、世界最高レベルの辛さを選択できます。
[メニュー・価格]
・淡路島カレー 通常・ジョロキア 800円
・淡路島カレー×トリニダードスコーピオン 1000円
・淡路島カレー×キャロライナリーパー 1200円
・バッファローウイング 800円

(6)陳家私菜(中国料理)
第1ラウンドに引き続いて本格四川料理の「陳家私菜」が出店。
[メニュー・価格]
・頂天麻婆豆腐 800円
・皇帝口水鶏(本場四川やみつきよだれ鶏) 800円
・花椒麻鶏(三種花山椒しびれ鶏) 1,000円

(7)バインセオサイゴン(ベトナム料理)
新宿の有名ベトナム料理店・バインセオサイゴンが5年連続の登場。
生地にも唐辛子を練りこんだ激辛「バインセオ」、山椒香る激辛ダレの「激辛ドラゴンフォー」といった刺激的なメニューが激辛ファンをとりこにします。
[メニュー・価格]
・激辛バインセオ 1,000円
・激辛ドラゴンフォー (M)1,000円 (L)1,200円
・激辛ソフトシェルクラブのカレー炒め 1,200円

(8)プサンアジメ(韓国料理)
ソウルに55店舗以上出店している人気店の日本一号店。
看板メニューのチーズタッカルビとクッパは、韓国料理ファンなら食べ逃せません。
[メニュー・価格]
・タッカルビ (S)800円 (M)1,000円
・チーズタッカルビ (S)1,000円 (M)1,200円
・トッポギ 800円

(9)モンゴリアン・チャイニーズ BAO(モンゴル・中国料理)
黄色いカイナントウと青唐辛子の入った、バオ特性の辛味噌で味わう3種の羊料理。
特製ラー油を合わせた辛口のタレが美味しさを引き立てるモンゴル伝統の「羊の塩茹で」は絶品。
「羊の汁なし担々麺」は、激辛グルメ祭りオリジナル仕様で提供されます。
[メニュー・価格]
・羊の塩茹で 1,200円
・羊の汁なし担々麺 1,000円
・羊の激やっこ 1,000円

スポンサーリンク



▼イベント概要
激辛グルメ祭り2019
2019年8月7日-9月18日
新宿大久保公園
東京都新宿区歌舞伎町2-43
公式サイト
食のイベント
 





共通テーマ:グルメ・料理