「餃子フェス2019」東京駒沢公園で、GWの5月2日~6日まで。店舗とメニューも [食のイベント]

スポンサーリンク




2019年5月2日(木・祝)から5月6日(月・振休)までの5日間、東京都世田谷区の駒沢オリンピック公園で「餃子フェスTOKYO 2019」が開催されます。
2016年10月に東京・中野で初開催後、これまでに累計77万人以上が参加した餃子の祭典。

スポンサーリンク



gyoza-fes1905_02.jpg


「餃子フェス」では、さまざまな種類の餃子を、定番人気の『ご当地系餃子』、皮や餡などにこだわる『職人系餃子』、肉汁をたっぷり閉じ込めた『肉汁ハンパない系餃子』、餃子ブームの火付け役『おしゃれバル系餃子』、個性の光る『インパクト系餃子』の5つのカテゴリーに分けて楽しむことができます。

今回の「餃子フェスTOKYO 2019」には、これまで行われた「餃子フェス」で人気の店舗はもちろん、今回初となるフレッシュな顔ぶれも登場します。

餃子の購入は、食券制(1枚600円)と電子マネーの併用。
青空の広がる開放的な空間で、美味しい餃子を楽しんでみてはいかがでしょうか。


gyoza-fes1905_01.jpg



◆餃子フェス2019@駒沢公園 開催概要

名称:餃子フェスTOKYO 2019
日程:2019年5月2日(木・祝)~5月6日(月・振休)
時間:10:00~21:00 ※2日(木)12:00開場、6日(月)20:00閉場。
場所:駒沢オリンピック公園 中央広場[地図:Google Map]
入場:無料
※食券・電子マネー利用可能。食券は1枚600円(税込)
※雨天決行
▼交通アクセス・最寄り駅
・東急線「駒沢大学駅」徒歩15分
・東急線「都立大学駅」徒歩22分
・東急線「自由が丘駅」徒歩25分



◆餃子フェス2019@駒沢公園の主なメニュー

gyoza-fes1905_m01.jpg
[上段左から]
(1)近江牛餃子 包王「肉大盛!近江牛餃子」
餃子と小籠包が合体したようなジューシーさは、近江牛ならでは。
皮に卵黄と秘伝のスープを練り込んだ、コクと食感が魅力の特大餃子。

(2)宇都宮餃子館「野菜と豚肉の旨味 健太餃子」「皮がピンク!エビ餃子」
野菜たっぷりの宇都宮餃子館・看板メニュー『健太餃子』。
選び抜かれた素材とスパイスを独自にブレンドした味わいが人気の秘密。
まずはタレなしで。餃子のコクを楽しむのがオススメ。

[下段左から]
(3)じゃげな「信州味噌タレねぎ餃子」「薬膳餃子」
ホウレン草パウダーを練りこんだ薬膳餃子は濃厚な味付けながらも、ヘルシーで栄養満点。

(4)餃子の宮でんでん「小江戸黒豚 胡麻坦々水餃子」「埼玉名物 小江戸黒豚 焼き餃子」
埼玉食材にこだわった小江戸黒豚の餃子。



gyoza-fes1905_m07.jpg
[上段左から]
(5)一口餃子専門店 赤坂ちびすけ「琉球島豚 今帰仁アグー焼餃子」
豚肉本来の甘みと上質な脂の旨みが味わえる、希少な今帰仁アグー豚を使用した焼餃子。

(6)一口餃子酒場BLG「BLG特製!一口揚げ餃子」
おつまみ感覚で食べられるサクサク揚げ餃子

[下段左から]
(7)馬馬虎虎「パリパリ!海老蟹帆立の羽根餃子」「四川よだれ海老蟹帆立の水餃子」
中華料理のプロが手がける創作餃子。海鮮の旨みがあふれだします。

(8)宇都宮餃子専門店 悟空「特製肉餃子」
肉汁の中に新鮮な野菜のシャキシャキ感とうまみを閉じ込めたジャンボ餃子。



gyoza-fes1905_m08.jpg
[上段左から]
(9)Pot Sticker's Tokyo「カラフル餃子」
見た目も楽しいカラフル餃子

(10)炊き餃子と唐揚げ とき家「炊き餃子」「焼生姜餃子」
スープが染みこむ「焼き餃子」とニンニク不使用の「焼生姜餃子」

[下段左から]
(11)餃子の三組-TOKYO-「幻の豚アベル黒豚餃子」「うどん皮もちもち肉汁水餃子」
幻のアベル黒豚の餃子が登場。
米粉を配合した皮が、パリッとした小気味の良い食感を生み出します。

(12)肉汁餃子製作所 ダンダダン酒場「肉汁焼き餃子」
香り高い全粒粉の皮に、食感の良い粗挽きの豚肉を使った餡を手包みした焼き餃子。
口の中に肉汁がジュワッとあふれます。



gyoza-fes1905_m09.jpg
[上段左から]
(13)餃子とワイン屋「トマト香るイタリアン餃子」
トマトの風味が食欲をそそるイタリアン餃子

(14)ビストロ エピス「薫り弾ける!魅惑の黒トリュフ餃子」
餃子の餡に刻んだ黒トリュフを使用した贅沢なフレンチ餃子

[下段左から]
(15)羽根つき焼小籠包 鼎's(Din's) 「羽根つき焼小籠包」
小籠包専門店「京鼎樓」のコンセプトショップ。
見た目も美しく旨味たっぷりの『羽根つき焼小籠包』

(16)博多餃子舎603「博多純情ひとくち餃子(8個) 」「明太ちーず餃子(5個)」
お店自慢の一口餃子。



gyoza-fes1905_m10.jpg
[上段左から]
(17)赤い壺×白いつぼ「唐辛子香る旨辛餃子」「えびと大葉のガーリック餃子」
やみつきの旨辛餃子。

(18)餃子専門丸虎「とろとろメルティチーズ餃子」
厚めの皮が特徴の餃子に、チーズソースを絡めて。

[下段左から]
(19)肉玉そば おとど×浅草開化楼「東京名物肉汁おとど餃子」「柚子とネギの利尻昆布水餃子」
特製背脂が練りこまれ、あふれる肉汁が堪能できます。
まずは醤油はつけずに食べるのがオススメ。

(20)餃子STAND「ポテサラ餃子 マヨペッパーがけ」
餃子×ポテサラという異色の組み合わせのコラボ餃子。



◆餃子フェスの感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんから、リプライでいただいた「餃子フェス」の感想・口コミなどを掲載しています。







スポンサーリンク



▼イベント概要
餃子フェスTOKYO 2019
2019年5月2日-5月6日
駒沢オリンピック公園
東京都世田谷区駒沢公園1-1
公式サイト
フードフェス
 





共通テーマ:グルメ・料理