深大寺「だるま市」2018年3月3日・4日開催。僧侶による阿吽の目入れも [春のイベント]

スポンサーリンク




2018年3月3日(土)と3月4日(日)の2日間、東京都調布市の深大寺(じんだいじ)で厄除元三大師大祭(やくよけがんざんだいしたいさい)「だるま市」が行われます。
深大寺のだるま市は、江戸時代中頃に始まったといわれていて、「日本三大だるま市」の1つとして、また3月に行われるということで「東京に春を呼ぶだるま市」としても広く知られています。

深大寺だるま市の当日は、境内には約300のだるま店、及びその他露店・屋台が立ち並び、だるまを買い求める参詣者で大変にぎわいます。

スポンサーリンク



深大寺だるま市


◆深大寺だるま市2018の開催概要

名称:厄除元三大師大祭 だるま市
日程:2018年3月3日(土)~3月4日(日)
時間:9:00~18:00
場所:深大寺[地図:Google Map]
▼交通アクセス
・京王線「調布駅」「つつじヶ丘駅」よりバス
・JR中央線「吉祥寺駅」「三鷹駅」よりバス
>>深大寺へのバス乗り場、時刻表など詳細はこちらから



◆深大寺だるま市2018の護摩祈願のスケジュール

2018年3月3日・3月4日の両日とも下記のスケジュールで護摩祈願がおこなわれます。
なお、14時の回は「お練り行列」、「元三大師御影供(がんざんだいしみえく)」の厳修が行われるため、一般の人は大師堂に入堂できません。

<深大寺だるま市の護摩祈願のスケジュール>
・1回目 10:00
・2回目 11:00
・3回目 12:00
・4回目 13:00
・5回目 14:00 ※一般の人は大師堂に入堂できません
・6回目 15:15
・7回目 16:00
 ※祈願のお申込みは時間の15分前まで。



◆深大寺だるま市2018の目入れについて

2018年3月3日・3月4日の両日とも、9:00~17:00頃まで、元三大師堂前の特設「だるま開眼所」にて深大寺の僧侶より、だるまに目入れをしてもらえます(有料)
深大寺で買い求めただるまの左目に梵字で物事のはじめを表す「阿(ア)」を。
1年後、心願がかなったダルマの右目に物事の終わりを表す「吽(ウン)」の梵字を入れお寺に納めます。



◆深大寺だるま市の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんから、リプライでいただいた「深大寺だるま市」の感想・口コミなどを掲載しています。





スポンサーリンク



▼イベント概要
深大寺だるま市
2018年3月3日-3月4日
天台宗別格本山浮岳山昌楽院 深大寺
東京都調布市深大寺元町5-15-1
公式サイト
だるま市
 





共通テーマ:旅行