ほおずき市、阿波踊りが楽しめる「神楽坂まつり2018」7月25日~28日まで開催 [夏のイベント]

スポンサーリンク




2018年7月25日(水)から7月28日(土)までの4日間、東京・新宿区の神楽坂で「第47回 神楽坂まつり」が開催されます。
7月25日(水)と26日(木)の2日間は、第1部の「ほおずき市」が。
また7月27日(金)と28日(土)は、第2部の「阿波踊り大会」が催される神楽坂の夏祭り。

ほおずき市や阿波踊りが楽しめることに加え、前半2日間は、神楽坂の料亭やレストランなど人気飲食店の屋台が立ち並び、多くの人で賑わいます。

スポンサーリンク



神楽坂まつりの画像

◆神楽坂まつり2018の開催概要

名称:第47回 神楽坂まつり
日程:2018年7月25日(水)~7月28日(土)
時間:7月25日(水)・26日(木) 17:30~22:00
   7月27日(金) 19:00~21:00
   7月28日(土) 18:00~21:00
場所:神楽坂通り周辺[地図:Google Map]



◆神楽坂まつり 第1部・ほおずき市

2018年7月25日(水)と26日(木)の2日間は、神楽坂通りにある毘沙門天善国寺の門前で1鉢1,500円の「ほおずき鉢」の販売が行われます。
また、神楽坂の人気飲食店による約50の屋台立ち並び、神楽坂自慢のグルメを気軽に楽しむことができます。

毘沙門天の境内では、金魚すくい、スーパーボールすくい、ヨーヨー釣りなどの縁日を開催。
ステージでは、伝統芸能や演歌などが披露されます。
さらに、各商店の店先で行われるワゴンセールが「神楽坂まつり」を盛り上げます。



◆神楽坂まつり 第2部・阿波踊り大会

2018年7月27日(金)と28日(土)の2日間は「阿波踊り大会」が行われます。
都内で最も早く行われる「阿波踊り大会」ということで、一足早く夏を楽しもうとする人が集まり、神楽坂通りの沿道は多くの人でにぎわいます。

阿波踊り大会の会場は、神楽坂下から神楽坂上までを登る「神楽坂通り会場」と、赤城神社前から神楽坂上を目指す「6丁目会場」の2カ所で行われ、両日とも19時に同時スタート。

神楽坂の地元有志をはじめ、周辺企業、高円寺など40を越える連が集結し、軽快なお囃子にのって踊りを競い合います。



◆神楽坂まつりの感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた「神楽坂まつり」の感想・口コミなどを掲載しています。



スポンサーリンク



▼イベント概要
第47回 神楽坂まつり
2018年7月25日-7月28日
神楽坂通り
東京都新宿区神楽坂5-36、他
公式サイト
お祭り
 





共通テーマ:旅行