「奇想の系譜展」上野 東京都美術館で開催。若冲・蕭白・国芳らの代表作が勢ぞろい [音楽・アート・展示会]

スポンサーリンク




2019年2月9日(土)から4月7日(日)までの期間、東京・上野の東京都美術館で「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」が開催されます。

スポンサーリンク



kisou01.jpg


美術史家・辻 惟雄(つじ のぶお)氏が1970年に著した『奇想の系譜』。
そこに紹介されたのは、それまでまとまって書籍や展覧会で紹介されたことのない、自由で斬新な発想で、非日常的な世界に誘われる絵画の数々でした。

現在では、長らく江戸時代絵画史の傍流・異端とされてきた画家たちが、現代に通じる革新性によって人気を集めています。

同展には『奇想の系譜』が取り上げた岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳の6名に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8名の画家の代表作が一堂に会します。

型破りな画風、豊かな想像力、奇想天外な発想にみちた江戸絵画の魅力が目の前に広がります。



◆上野東京都美術館「奇想の系譜展」開催概要

名称:奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
日程:2019年2月9日(土)~4月7日(日)
時間:9:30~17:30 (入室は閉室の30分前まで)
※毎週金曜日、3月23日(土)、3月30日(土)、4月6日(土)は20:00まで
休館:月曜日、2月12日(火) ※ただし、2月11日(月・祝)、4月1日(月)は開室
会場:東京都美術館 [地図:Google Map]
観覧料:一般1,600円、学生1,300円、高校生800円、65歳以上1,000円 ※中学生以下は無料
▼交通アクセス・最寄り駅
・JR「上野駅」公園口徒歩7分
・東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」徒歩10分
・京成電鉄「京成上野駅」徒歩10分

スポンサーリンク



▼イベント概要
奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド
2019年2月9日-4月7日
東京都美術館
東京都台東区上野公園8-36
公式サイト
展示会
 





共通テーマ:アート