高円寺阿波おどり 2019年8月24、25日開催。運行表も [夏のイベント]





2019年8月24日(土)と8月25日(日)の2日間、東京・杉並区の高円寺で「第63回 東京高円寺阿波おどり」が開催されます。

1957年に、隣町の阿佐ヶ谷で行われる『七夕祭り』に対抗してはじまった高円寺の阿波おどり。
当初は参加者38名、観客は2,000人ほどしか集まらなかったイベントが、現在では2日間で、約1万人の踊り手が参加し、100万人近くの観客を動員するまでに発展。
東京の夏の風物詩となっています。

スポンサーリンク



東京高円寺阿波おどりの画像


演舞場ごとに雰囲気の違いが楽しめるのが高円寺阿波おどりの特徴。
踊り手の近くで迫力ある踊りを観たいなら、高円寺駅北側と南側の商店街がオススメ。

また広い通りをいっぱいに使ったフォーメーションや、開放感ある踊りを鑑賞するなら、高円寺駅南側の大通り沿いが良いとのこと。

さらに、高円寺阿波踊り当日のお昼過ぎ~16時頃の間も、各商店街で踊りが披露されているので、街の散策もかねて出かけてみるのも楽しそうです。
期間中は、高円寺北口広場と南口中央公園に屋台も出店して、夏祭りグルメや各地の美味を楽しむこともできます。



◆東京高円寺阿波おどり2019の開催概要

名称:第63回 東京高円寺阿波おどり
日程:2019年8月24日(土)~8月25日(日)
時間:17:00~20:00
場所:JR「高円寺駅」、東京メトロ丸ノ内線「新高円寺駅」周辺商店街、高南通りの8演舞場
参加連:のべ165連
※少雨決行



◆東京高円寺阿波おどり2019の阿波踊り連の進行ルート・運行表

8月24日(土)・25日(日)の両日とも17時より、全国から集まった阿波踊り連が各演舞場スタート地点から一斉に踊り始めます。

阿波踊り連は、JR高円寺駅と東京メトロ丸の内線 新高円寺駅の間を「8の字」型に進行。
各連のスタート地点の配置と進行ルート・運行表は公式サイトからダウンロードできます。
高円寺阿波おどり運行表は>>こちら






◆東京高円寺阿波おどりの感想・口コミ

Twitterのリプライでいただいた「東京高円寺阿波おどり」の感想・口コミなどを掲載しています。







スポンサーリンク



▼イベント概要
第63回 東京高円寺阿波おどり
2019年8月24日-8月25日
JR高円寺駅周辺商店街
東京都杉並区高円寺
公式サイト
お祭り
 





共通テーマ:旅行