まんパク2019 立川昭和記念公園で5月16日~6月3日まで。おすすめメニューも [食のイベント]

スポンサーリンク




2019年5月16日(木)から6月3日(月)までの19日間、東京都立川市の国営昭和記念公園で「まんパク2019」が開催されます。
「まんパク」は「満腹博覧会(まんぷくはくらんかい)」の略称で、期間中に40万人以上が訪れる日本最大級の野外フードフェス。
立川・国営昭和記念公園での開催は今回で8回目となります。

スポンサーリンク



manpaku-tachikawa2018_02.jpg


立川昭和記念公園のまんパク会場には、野外で楽しめる肉料理やラーメン、餃子、スイーツ、ご当地グルメ、世界の料理などが一同に集結。
今年は『肉』『海鮮』『野菜』『ラーメン』『餃子』『チーズ』『揚げもの』『スイーツ』『たまエリア』の9ジャンルに分かれて、約60店舗が出店します。

また、今年は土日限定で「パンマルシェ」を開催。
関東から選りすぐりのパン屋さんが毎週4店舗ずつ出店します。
さらに、土日は毎年人気の本まぐろ解体ショーも行われます。

まんぱくの会場は、夜になるとミラーボールが輝く"巨大ビアガーデン"に変身。
夕方以降に来場するとお得なクーポン券がもらえる特典も用意されています。

そのほか、音楽ライブ、クイズイベント、大道芸パフォーマンス、猿まわしなど様々なイベントが行われて、まんパクを盛り上げます。

客席も、100張のテントと6,000の客席を用意。
家族連れの方には、レジャーシートを敷くことのできるシートエリアも設置されます。

また、子供が喜ぶ遊具がたくさんの「キッズエリア」や、お祭り気分が味わえる「縁日」、食後にくつろぐ「マッサージブース」といったアトラクションも用意されていて、美味しいものを食べながら、初夏の1日をゆったりと立川昭和記念公園で楽しむことができそうです。



◆まんパク2019@立川国営昭和記念公園の開催概要

名称:まんパク2019(満腹博覧会2019)
日程:2019年5月16日(木)~6月3日(月)
時間:10:30~21:00 ※最終日6月3日(月)は18:00閉場。
場所:国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン[地図:Google Map]
▼交通アクセス・最寄り駅
・JR中央線「立川駅」徒歩10分
・多摩モノレール「立川北駅」徒歩8分
※まんパク会場となる「国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン」へは『あけぼの口』からご入場ください。



◆まんパクの感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた「まんパク」の感想・口コミなどを掲載しています。








◆まんパク2019@立川国営昭和記念公園の入場料金

[まんパク2019の当日入場料金]
・平日 入場券 500円
・土日 入場券 800円
・平日 まんパク&国営昭和記念公園セット券 700円
・土日 まんパク&国営昭和記念公園セット券 1,000円

[まんパク2019の前売入場料金]
・平日 入場券 400円
・土日 入場券 700円
・平日 まんパク&国営昭和記念公園セット券 600円
・土日 まんパク&国営昭和記念公園セット券 900円
※前売券の販売は2019年5月15日(水)まで。
※中学生以下は入場無料
※入場当日のみ再入場が可能。
※2019年5月19日(日)は、国営昭和記念公園の無料入園日のため、有料エリアの入園無料。



◆まんパク2019@立川国営昭和記念公園のおすすめメニュー

毎年、多くのフードブースが立川国営昭和記念公園に立ち並ぶ「まんパク」。
はじめて参加すると、目移りして何を食べていいのか迷ってしまうかもしれません。
そんな方向けに、2019年のまんパクおすすめメニューをご紹介します。

【まんパク@立川 海鮮エリア おすすめメニュー】
◎まぐろや黒銀
本まぐろ丼 1,500円

manpaku-tachikawa2019_m01.jpg
東京築地、大阪黒門に店舗を構える本まぐろ専門店「まぐろや黒銀」が、さばきたての本マグロを贅沢に盛りつけています。
各地のまんパクで、常にランキング上位の人気を誇る海鮮メニュー。
ハーフの本まぐろ丼(800円)も用意されています。


◎大洗 カニ専門店かじま(茨城)
本たらば蟹丸ごと一本焼き 1,500円

manpaku-tachikawa2019_m04.jpg
超特大サイズの「本たらば蟹丸ごと一本焼き」は、豪快な見た目と本物の味が人気で、毎年まんパクのグルメランキングで上位にランクインする人気メニュー。
「本ずわい蟹かにみそ甲羅焼(1,200円)」も必食。


◎みやぎ石巻 かき小屋
名物!! ガーリックチーズオイスター 900円

manpaku-tachikawa2019_m06.jpg
牡蠣と相性の良いガーリックチーズをあわせたアツアツメニュー。
並んでも食べたいオススメメニュー。
漁師メシの「牡蠣バクダン(800円)」も、牡蠣の美味しさが口の中に溢れます。



【まんパク@立川 肉エリア おすすめメニュー】
◎十勝牛とろ丼
十勝牛とろ丼 880円 (牛とろ丼ハーフ 600円)

manpaku-tachikawa2019_m03.jpg
昨年の「まんパク2018」で人気グルメランキング1位の『十勝牛とろ丼』。
アツアツご飯のうえでとろける十勝牛"牛とろ"の旨味・甘みが楽しめます。


◎五浦ハム(茨城)
ハム焼 500円

manpaku-tachikawa2019_m02.jpg
手造りハム・ソーセージを製造している「五浦ハム」のイベント限定販売メニュー。
今年は新メニュー「ハム焼カレー(800円)」も登場



【まんパク@立川 ラーメンエリア おすすめメニュー】
◎楽観
オリーブオイルと帆立だしの塩ラーメン 800円

manpaku-tachikawa2019_m12.jpg
東京・西麻布の人気ラーメン店「楽観」。
帆立の旨みを閉じ込めた淡麗スープに、高級天然塩、厳選したオリーブオイルを合わせたまんパク限定メニュー。


◎金久右衛門
しじみゴールド+ 900円

manpaku-tachikawa2019_m05.jpg
醤油にこだわった醤油ラーメン専門店「金久右衛門」。
オリジナルの『金醤油』に『しじみ醤油』をあわせた究極の中華そば「しじみゴールド」がさらに進化して登場します。



【まんパク@立川 餃子エリア おすすめメニュー】
◎王府井(ワンフーチン)
焼き小籠包 600円

manpaku-tachikawa2019_m13.jpg
横浜中華街に4店舗構える小籠包専門店。
大量の油と水で焼き揚げた、熱々のコラーゲンスープが溢れる焼き小籠包。


◎近江牛餃子 包王
近江牛餃子 牛とん包 500円

manpaku-tachikawa2019_m07.jpg
日本三大和牛"近江牛"を使用した餃子『牛とん包』。
旨味・甘味・肉汁あふれる、今までに無い絶品餃子が味わえます。
まんパク・餃子エリア内人気投票でトップのメニュー。



【まんパク@立川 チーズエリア おすすめメニュー】
◎北海道中標津しいたけ「想いの茸」(北海道)
想いの茸 大判しいたけチーズ焼き 400円

manpaku-tachikawa2019_m08.jpg
北海道中標津町(なかしべつちょう)の自然の恵みと、生産者の想いで育った椎茸「想いの茸」。
その大判しいたけに、北海道産のチーズ・バター・昆布醤油をあわせて、備長炭で丁寧に焼き上げています。



【まんパク@立川 スイーツエリア おすすめメニュー】
◎仙台ずんだ杜庵
ずんだシェーキ 400円

manpaku-tachikawa2019_m09.jpg
メディアでも話題の「ずんだ」専門店が4年連続でまんパクに出店。
厳選枝豆を使用した、ほのかな甘さの「ずんだシェーキ」が楽しめます。


◎いばらき食文化研究会 酒趣
メロンまるごとクリームソーダ 1,000円

manpaku-tachikawa2019_m10.jpg
「まんパク」の代名詞と言っても過言ではない『メロンまるごとクリームソーダ』
メロンの果肉がしみ込んだソーダを飲み、凍ったメロンを削りながら食べていきます。
また、見た目とは裏腹な美味しさで評判の「メロンカレー(600円)」が今年も楽しめます。


◎札幌 リトルジュースバー
いちごけずり 600円

manpaku-tachikawa2019_m11.jpg
凍らせたイチゴを薄くスライスして、練乳の生ムースとあわせて食べます。
ふわふわ、シャリシャリの新食感にうっとり。
まんパクのシメは、リトルジュースバーの「いちごけずり」と決めている常連さんも多いんだとか。
各地のまんパクの人気グルメランキングでも、連日上位に食い込む人気のスイーツ。


【まんパク@立川 たまエリア おすすめメニュー】
◎奥多摩わさびホイホイ亭
生わさびめし 400円

manpaku-tachikawa2019_m14.jpg
本物のわさびの旨さが味わえる、毎年好評の「生わさびめし」。


スポンサーリンク



▼イベント概要
まんパク2019(満腹博覧会2019)
2019年5月16日-6月3日
国営昭和記念公園 みどりの文化ゾーン
東京都立川市緑町3173
公式サイト
フードフェス
 





共通テーマ:グルメ・料理