ヨシダナギ写真展 西武池袋本店で2018年8月14日~19日まで。入場無料 [音楽・アート・展示会]

スポンサーリンク




2018年8月14日(火)から8月19日(日)までの期間、東京・西武池袋本店(東京都豊島区南池袋)でヨシダ ナギ ‐HEROES‐ 写真展が開催されます。

スポンサーリンク



2009年から単身アフリカへ渡り、アフリカをはじめとする世界中の少数民族を撮影。
唯一無二の色彩と生き方が評価され、多数のメディアで紹介されている女性フォトグラファー・ヨシダナギ氏。

今まで出会った世界中の少数民族の写真を収めた写真集『HEROES』の発売を記念して、写真展が行われます。
彼女がその足で出向き、その目で切り取った、地球上に今なお現存するヒーローたちを約40点の写真作品で紹介。

また会期中、ヨシダナギ トークショー&サイン会を開催。
同時に写真集、書籍、写真作品、ポストカードなどの販売も行われます。



◆ヨシダナギ写真展@西武池袋の開催概要

名称:ヨシダ ナギ ‐HEROES‐ 写真展
日程:2018年8月14日(火)~8月19日(日)
時間:10:00~21:00 ※最終日は、19:00にて閉場
場所:西武池袋本店 本館6階 西武アート・フォーラム[地図:Google Map]
入場:無料



◆ヨシダナギ写真展の主な作品

yoshida-nagi04.jpg
◎スリ族(エチオピア)
世界一おしゃれな少数民族ともいわれる彼らは草花を身にまとい、個性的なボディペイントを施しています。


yoshida-nagi03.jpg
◎オモマサライ族(パプアニューギニア)
体ににガイコツのようなペイントを施し、通称『スケルトンマン』と呼ばれている部族。


yoshida-nagi05.jpg
◎アファール族(エチオピア)
牛脂で白くしたアフロヘアと、腰につけた短刀がトレードマーク。


yoshida-nagi01.jpg
◎エナウェネ・ナウェ族(ブラジル)
筋肉質のボディと切り揃えられた前髪、眉がなく、もみあげのないスタイル。
独自の精霊信仰に基づいた世界一儀式の多いアマゾンの先住民族。


yoshida-nagi02.jpg
◎トゥアレグ族(アルジェリア)
インディゴブルーを身にまとった『青の民族』とも呼ばれる遊牧民。
大のお茶好きで、一日に何回も紅茶を淹れて楽しんでいる。



◆ヨシダナギ氏のプロフィール

yoshida-nagi06.jpg

ヨシダ ナギ(NAGI YOSHIDA)
1986年生まれ、フォトグラファー。
幼少期からアフリカ人へ強烈な憧れを抱き「大きくなったら彼らのような姿になれる」と信じて生きてきたが、自分は日本人だという現実を10歳で両親に突きつけられ、挫折。

その後、独学で写真を学び、2009年より単身アフリカへ。
アフリカをはじめとする世界中の少数民族を撮影、発表。
その唯一無二の色彩と生き方が評価され、テレビや雑誌などメディアで多数紹介される。



◆ヨシダナギ写真展の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた「ヨシダナギ写真展」の感想・口コミなどを掲載しています。





スポンサーリンク



▼イベント概要
ヨシダ ナギ ‐HEROES‐ 写真展
2018年8月14日-8月19日
西武池袋本店 本館6階 西武アート・フォーラム
東京都豊島区南池袋1-28-1
公式サイト
展示会
 





共通テーマ:アート