そばフェス「大江戸和宴 蕎麦と日本酒の博覧会2019」代々木公園で6月12日~16日まで [食のイベント]

スポンサーリンク




2019年6月12日(水)から6月16日(日)までの5日間、東京・代々木公園で全国各地の有名そば・日本酒が一堂に会する「そばと日本酒の博覧会 大江戸和宴(おおえどわえん)2019」が開催されます。
今年で4回目の開催となる、日本最大級の「そばと日本酒の祭典」。

スポンサーリンク



ooedo-sobahaku2018_04.jpg


今年は、夏の訪れを感じる6月に実施される「そばフェス」。
日本三大そばといわれる、岩手県『わんこそば』、長野県『戸隠そば』、島根県『出雲そば』がそろい踏み。

そのほか、辛みの効いた大根おろしで食す福井『越前そば』や、わさびをたっぷりのせた東京都奥多摩の『天然わさびそば』など、旬の食材をつかったそばや、ご当地そば、さらには穴場のそば店が代々木公園に集結。
職人が目の前で作り上げる、打ち立て・ゆで立ての絶品蕎麦が味わえます。

風味や喉ごし、蕎麦の味を引き立てるつゆなど、産地・そば処によって異なる味わいを食べ比べすることができるチャンス。
日本蕎麦は、一律1杯700円(税込)で販売されます(トッピングは別途料金)。


ooedo-sobahaku2018_03.jpg


さらに、日本各地の酒処から自慢の日本酒が集結。
和歌山・吉村秀雄商店の「車坂」や、佐賀・天山酒造「七田」、山形・高木酒造「十四代」、山口・旭酒造「獺祭」といった出荷量の少ない希少銘柄をはじめ、選りすぐりの銘酒約100種が1杯300円~500円(税込)で販売されます。
また、3種の飲み比べが楽しめる「大江戸和宴セット(1,000円)」も用意されます。

蕎麦の食べ比べと日本酒の飲み比べが気軽に楽しめる「蕎麦&日本酒フェス」にでかけてみてはいかがでしょうか。


ooedo-sobahaku2018_01.jpg

ooedo-sobahaku2018_02.jpg



◆そばフェス「そばと日本酒の博覧会 大江戸和宴2019」開催概要

名称:そばと日本酒の博覧会 大江戸和宴2019
日程:2019年6月12日(水)~6月16日(日)
時間:12日(木)・13日(木) 11:00~20:00
   14日(金) 11:00~21:00
   15日(土) 10:00~21:00
   16日(日) 10:00~18:00
場所:代々木公園 イベント広場[地図:Google Map]
入場:無料(飲食代別途)
※雨天決行、荒天中止
▼交通アクセス・最寄り駅
・JR「原宿駅」徒歩5分
・JR「渋谷駅」徒歩10分
・東京メトロ千代田線「明治神宮前駅」徒歩5分
・小田急線「代々木八幡駅」徒歩10分



◆そばフェス「大江戸和宴 大江戸そば博・大江戸大酒会」の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんから、リプライでいただいた、そばフェス「大江戸和宴 大江戸そば博・大江戸大酒会」の感想・口コミなどを掲載しています。


















◆「そばフェス2019」で販売される蕎麦メニュー

・青森県 津軽そば
・山形県 新庄そば
・岩手県 盛岡わんこそば
・福島県 会津そば
・栃木県 にらそば
・東京都 奥多摩天然わさびそば
・群馬県 とろろそば
・福井県 越前そば
・長野県 戸隠そば
・島根県 出雲そば、ほか



◆「そばフェス2019」で販売される主な日本酒

・高木酒造「十四代」(山形)
・出羽桜酒造「出羽桜」(山形)
・喜久盛酒造「タクシードライバー」(岩手)
・佐浦「浦霞」(宮城)
・一ノ蔵「一ノ蔵」(宮城)
・廣木酒造「飛露喜」(福島)
・小澤酒造「澤乃井」(東京)
・飯沼本家「甲子」(千葉)
・宮坂醸造「真澄」(長野)
・菊姫「菊姫」(石川)
・木屋正酒造「而今」(三重)
・司牡丹酒造「司牡丹」(高地)
・吉村秀雄商店「車坂」(和歌山)
・旭酒造「獺祭」(山口)
・藤井酒造「龍勢」(広島)
・天山酒造「七田」(佐賀)、ほか

【販売価格】
・日本酒 杯売り 300円~500円(税込)
・大江戸和宴セット(3種飲み比べ) 1,000円(税込)

スポンサーリンク



▼イベント概要
そばと日本酒の博覧会 大江戸和宴2019
2019年6月12日-6月16日
代々木公園 イベント広場
東京都渋谷区神南2-3
公式サイト
フードフェス
 





共通テーマ:グルメ・料理