2018年2月4日は立春。立春の朝に搾りあがる日本酒「立春朝搾り」で新しい春に乾杯 [食のイベント]

スポンサーリンク




2018年2月4日(日)は、二十四節気の一番目「立春(りっしゅん)」。
旧暦のお正月、春の始まりを祝うおめでたい日にあたります。

スポンサーリンク



rissyun2018_01.jpg


この立春の日の早朝にあわせて搾りあがる「立春朝搾り」という日本酒があります。
2月3日の「節分」の夜から一晩中もろみを搾り続け、2月4日「立春」の早朝に搾りあがったばかりの生原酒を瓶詰し、無病息災を願い神社でお祓いをしてもらった縁起の良いお酒が「立春朝搾り」です。

蔵元は夜通しお酒をしぼり、地元の酒屋さんも蔵元に足を運んで瓶詰めや梱包・発送の作業などを手伝ってできあがります。
立春の朝にできたばかりの新鮮な火入れをしない生酒、しかも原酒。
酒蔵でしか味わえないフルーティな香気と、生まれてたての新酒の味わいが楽しめます。

「立春朝搾り」は蔵元近郊の「参加加盟店」が直接、蔵から持ち帰ります。
それぞれの銘柄は基本的に、蔵元の地元・近郊地域でしか買えない特別なお酒。

2018年は、北海道から九州まで全国43蔵で展開されます。
参加蔵元と購入できるお店はこちらからご確認ください。

生まれたての日本酒で、生まれたての春をお祝いしてみてはいかがでしょうか。



◆立春朝搾りの感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんから、リプライでいただいた「立春朝搾り」の感想・口コミなどを掲載しています。





スポンサーリンク