桜餅風味のサンクトガーレン「さくらビール」2019年2月22日発売。お花見にも [食のイベント]





2019年2月22日(金)クラフトビールメーカーのサンクトガーレンから、桜餅風味の季節限定ビール「サンクトガーレン さくら」が発売されます。

スポンサーリンク



サンクトガーレン さくらビールの画像

「サンクトガーレン さくら」は、"天下第一の桜"として知られる長野県伊那市高遠の"桜の花"と"桜の葉"を副原料に使用した、ほんのり桜餅風味のビール。
通常のビールで使用する大麦麦芽にあわせて、小麦麦芽を加えることで、柔らかく優しい口当たりに仕上げています。

ビールの苦味のもとになる“ホップ”の使用量を抑え、高遠の"桜の花びら"と"桜の葉"で風味付け。
食用の八重桜を1回の仕込み(2,340リットル) に対して60キロ使用しています。
なお、香料は一切使用されていません。

「サンクトガーレン さくら」は2019年4月初旬までの季節限定販売。
同社によると、お花見に「サンクトガーレン さくら」ビールを利用する場合は、お届けを3月にしたほうが新鮮なビールを楽しむことが出来るとのことです。



◆サンクトガーレン さくらの商品概要

商品名:サンクトガーレン さくら
アルコール:5% 
容量:330ml
価格:460円(税別)
原材料:麦芽、ホップ、米(酒米)、桜(花と葉) 

スポンサーリンク