渋谷 松涛美術館で企画展「終わりのむこうへ:廃墟の美術史」1月31日まで開催 [音楽・アート・展示会]

スポンサーリンク




2018年12月8日(土)から2019年1月31日(木)までの期間、東京・渋谷の松涛美術館で、企画展「終わりのむこうへ:廃墟の美術史」が開催されています。

スポンサーリンク



shoto-museum02.jpg


栄華や文明の痕跡を残しながら崩れ落ちようとする建造物や遺跡は、西洋美術のなかで風景画の一角にくりかえし描かれていました。
そして、18世紀から19世紀にかけて「廃墟」は絵画の主役の地位を確立していきます。

同展では、廃墟の画家として名を馳せた18世紀フランスのユベール・ロベール、イタリアの版画家ピラネージから、近現代の画家たちの作品までを紹介します。

そして現代、作家たちは未来の「廃墟」をも描き出すようになりました。
東京・渋谷に、想像上の廃墟を重ねあわせる元田久治氏、また展覧会にあわせ「終わりのむこう」を描き出す野又穫氏の新作なども並びます。

流れる時間のなかで滅びた、またはいつか滅びてしまう、遠い昔のあるいは遠い未来の光景。
西洋古典から現代日本までの廃墟・遺跡・都市をテーマとした作品から「廃墟の美術史」が紐解かれます。



◆渋谷 松涛美術館「廃墟の美術史」開催概要

名称:終わりのむこうへ:廃墟の美術史
日程:2018年12月8日(土)~2019年1月31日(木)
時間:10:00~18:00(毎週金曜日は20:00閉館)※入館は閉館の30分前まで
休館:12月10日(月)、17日(月)、25日(火)、12月29日(土)~1月3日(木)、1月7日(月)、15日(火)、21日(月)、28日(月)
場所:渋谷区立 松涛美術館[地図:Google Map]
入場料:一般500円、大学生400円、高校生・60歳以上 250円、小中学生100円
※渋谷区民割引あり
※土・日曜日、祝休日は小中学生無料
※毎週金曜日は渋谷区民無料
▼交通アクセス・最寄り駅
・京王井の頭線「神泉駅」徒歩5分
・「渋谷駅」徒歩15分



◆渋谷 松涛美術館「廃墟の美術史」の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた、渋谷 松涛美術館「廃墟の美術史」の感想・口コミなどを掲載しています。



スポンサーリンク



▼イベント概要
終わりのむこうへ:廃墟の美術史
2018年12月8日-2019年1月31日
渋谷区立 松涛美術館
東京都渋谷区松濤2-14-14
公式サイト
展示会