すみだ水族館「金魚ワンダーランド2018」9月30日まで。金魚ビアホールも [夏のイベント]

スポンサーリンク




2018年6月30日(土)から9月30日(日)までの期間、 東京・墨田区の「すみだ水族館」で、日本最大級 全長100メートルにおよぶ金魚展示エリアを設けた「東京金魚ワンダーランド 2018」が開催されます。

スポンサーリンク



sumida-aquarium-kingyo2018_01.jpg


すみだ水族館の「東京金魚ワンダーランド2018」では、100個の金魚ちょうちんの明かりで照らされた、全長約100メートルの金魚展示エリアが登場。
色も形もさまざまなワキン、リュウキン、ランチュウ、エドニシキ、アズマニシキ、タンチョウ、デメキンなど約20品種・1,000匹の金魚が展示されます。

また、黄色・茶色・青色など、変わった色の金魚たちを見比べる「金魚いろくらべ」などの特別展示も実施。

館内のカフェ周辺には、アメリカやイギリス、中国など世界各地で長い時間をかけて掛け合わされ、生み出されてきたさまざまな品種の金魚を紹介。
それとともに、同じ土地で生まれたビールを販売して、世界中の金魚に囲まれながらビアホールのように過ごせる『世界の金魚ビアホール』も開催されます。


sumida-aquarium-kingyo2018_03.jpg
◎「世界の金魚ビアホール」のイメージ


そのほか、金魚鉢をイメージした「金魚ソーダ」や「金魚ソフトクリーム」なども販売されて、お祭りムードを盛り上げます。
ひらひらと舞う金魚たちに囲まれた中を歩く、幻想的な気分を体験してみてはいかがでしょうか。


sumida-aquarium-kingyo2018_04.jpg
◎金魚ソーダ



◆すみだ水族館 東京金魚ワンダーランド2018の概要

名称:東京金魚ワンダーランド2018
日程:2018年6月30日(土)~9月30日(日)
時間:9:00~21:00
場所:すみだ水族館[地図:Google Map]
入館料:一般2,050円、高校生1,500円、小・中学生1,000円、幼児(3歳以上) 600円
▼交通アクセス・最寄り駅
・東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」すぐ
・東京メトロ、都営地下鉄、京成線「押上」駅すぐ



◆すみだ水族館「金魚ワンダーランド」の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんから、リプライでいただいたすみだ水族館「金魚ワンダーランド」の感想・口コミなどを掲載しています。















スポンサーリンク



▼イベント概要
東京金魚ワンダーランド2018
2018年6月30日-9月30日
すみだ水族館
東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
公式サイト
水族館展示
 





共通テーマ:旅行