台湾フェス「東京タワー台湾祭2019新春」2月9日~11日まで開催 [食のイベント]

スポンサーリンク




2019年2月9日(土)から2月11日(月・祝)までの3日間、東京タワー(東京都港区芝公園)で「東京タワー台湾祭 2019・新春」が開催されます。
「東京タワー台湾祭」は、日本と台湾の交流をテーマに2017年から行われているイベントで、今回で3回目。

スポンサーリンク



taiwanfesta-tokyotower201901_01.jpg


台湾の旧正月をイメージした屋外特設会場に、ご飯・麺類・スイーツ・ドリンクといった、台湾グルメが集結。
滷肉飯や牛肉麺、台湾麺線、坦仔麺、葱油餅、小籠包、タピオカミルクティー、台湾ビールなど台湾夜市で人気の屋台グルメが並びます。

またステージには、台湾のアーティスト・芸人、台湾に縁のある日本のアーティストが登場。
会場を台湾カラーに染め上げます。

なお入場には、500円の「お年玉クーポン付き入場券」の購入が必要(高校生以上)。
入場券には、ドリンクチケット3杯分とフードの100円引きクーポン6枚が含まれています。

東京でリアルな台湾料理が味わえる3日間。
ランタンが舞う東京タワーの真下で、台湾の旧正月を楽しんでみてはいかがでしょうか。


taiwanfesta-tokyotower201901_02.jpg



◆台湾フェス「東京タワー台湾祭2019新春」の開催概要

名称:東京タワー台湾祭2019・新春
日程:2019年2月9日(土)~2月11日(月・祝)
時間:9日(土)17:00~21:00、10日(日)11:00~21:00、11日(月祝)11:00~18:00
場所:東京タワー 屋外特設会場(南側駐車場)[地図:Google Map]
入場料:高校生以上500円、中学生以下無料
※入場券にはドリンク引換チケット×3枚、フード100円引クーポン×6枚が含まれます。
※ドリンクの引換えは、生ビール・ハイボール・ソフトドリンク・甘酒などから選択が可能です。
※6枚の100円引きクーポンをすべて利用すると、東京タワーメインデッキ展望チケットがもらえます。(3日間合計先着333枚限定)
▼交通アクセス・最寄り駅
・都営大江戸線「赤羽橋駅」徒歩5分
・東京メトロ日比谷線「神谷町駅」徒歩7分
・都営三田線「御成門駅」徒歩6分
・都営浅草線「大門駅」徒歩10分
・JR山手線「浜松町駅」徒歩15分


taiwanfesta-tokyotower201901_03.jpg



◆東京タワー台湾祭の 感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた「東京タワー台湾祭」の感想・口コミなどを掲載しています。






◆東京タワー台湾祭で販売される主なメニュー

・小籠包
・手工粽(角煮やシイタケなどの具を入れて、ハスの葉や竹の皮で包んで蒸したちまき)
・排骨酥湯(油で揚げた骨付き肉が入った排骨スープ)
・炒米粉(豚肉、エビ、野菜などを加えて炒めたライスヌードル)
・台湾油飯(椎茸、豚肉などの具材が入った、醤油味のおこわ)
・台南担仔麺(海老だしのラーメン。肉そぼろがトッピングされます)
・蘿蔔糕(ルオボーガオ)
・紅葱乾拌麺 (ガンバンメン)
・生煎包(ションジェンバオ)
・蚵仔煎(オアチェン|牡蠣の入った卵焼き)
・魯肉飯(ルーローファン)
・大腸麺線(ダーチャンメンセン)
・葱油餅加蛋(ツォンヨゥピン)
・肉圓(バーワン|餅肉団子)
・上蟳米糕(シャンシュンミーガオ)
・麻油鶏(マーヨーチー)
・滷味(ルーウェイ|台湾風煮込み燻製)
・牛肉飯(ニゥロゥファン)
・高雄牛肉麺(ニュウロウミェン)
・圓宵(ユァンシィアォ)
・割包(グァバオ|白い蒸しパンに他の料理を挟んで食べる台湾式バーガー)
・台湾香腸(シァンチャン|台湾風ソーセージ)
・大鶏排(ダージーパイ|唐揚げ)
・鹽酥鶏(シエンスージー|台湾風フライドチキン)
・貢丸湯(ゴンワンタン|肉団子スープ)
・珍珠奶茶包(ゼンズウナイツァーパオ|饅頭にタピオカが入った新スイーツ)
・擂茶湯圓(レイチャタンユェン)
・麵茶湯圓(メンチャタンユェン)
・荔枝啤酒(レイシピージョウ|ライチビール)
・台灣啤酒(台湾ビール)、ほか

スポンサーリンク



▼イベント概要
東京タワー台湾祭2019新春
2019年2月9日-2月11日
東京タワー
東京都港区芝公園4-2-8
公式サイト
国際交流イベント、フードフェス
 





共通テーマ:グルメ・料理