東武池袋店に松阪牛・大間本マグロ・鮭児を巻いた超豪華「節分恵方巻」登場 [食のイベント]

スポンサーリンク




2018年1月4日(木)から、東京・池袋の東武百貨店池袋本店で「節分恵方巻き」の予約販売がおこなわれています。

スポンサーリンク



東武百貨店池袋本店では、100種類以上のバラエティ豊かな恵方巻を販売。
中でも、注目は“超豪華”恵方巻き。

松阪牛のサーロインステーキ贅沢に巻いた、21,600円の「松阪牛ステーキ恵方巻」。
本まぐろ・うに・たらばがになどを巻いた、20,000円の「豪華海鮮巻」。
幻の鮭『鮭児』や大間の本マグロを巻いた「大間・鮭児ハーフ巻(5,800円)」が数量限定・予約限定で用意されています。


(1)キッチンスギモト「松阪牛ステーキ恵方巻」

tobu-ehomaki2018_01.jpg
「松阪牛ステーキ恵方巻」は、松阪牛のサーロインステーキ350グラムを豪快に巻き、贅沢に金粉をちりばめた恵方巻。
大きさは、直径10センチ、長さ18センチ。
キッチンスギモト「松阪牛ステーキ恵方巻」の価格は21,600円。


(2)魚力「豪華海鮮巻」
tobu-ehomaki2018_02.jpg
「豪華海鮮巻」は、まぐろの最高峰である青森県下北郡の大間港で水揚げされた本マグロ(大トロ・中トロ・赤身)を使用。
そのほか、うに、たらばがに、いくら、カニ味噌、数の子など計11種類の海の幸を詰めこんだ海鮮恵方巻。
恵方巻の大きさは、直径9センチ、長さ27センチとボリュームたっぷり。
魚力「豪華海鮮巻」の価格は、20,000円。


(3)北辰鮨 「大間・鮭児ハーフ巻」
tobu-ehomaki2018_03.jpg
「大間・鮭児ハーフ巻」は、幻の鮭とも呼ばれる脂ののった鮭児(けいじ)や、大間産本マグロなどイクラ、煮穴子、真鯛などを贅沢に使った海鮮恵方巻。
恵方巻の大きさは、直径6センチ、長さ10センチ。
「大間・鮭児ハーフ巻」の価格は5,800円となっています。

東武百貨店 池袋本店の上記3つの恵方巻きは、すべて予約販売のみ。
数量限定ですので、気になる方はお早めにお問合せください。

スポンサーリンク



▼イベント概要
東武百貨店池袋本店 恵方巻き予約販売
2018年1月4日-2月3日
東武百貨店 池袋本店
東京都豊島区西池袋1-1-25
公式サイト
食のイベント
 





共通テーマ:グルメ・料理