夏の日本酒祭り「和酒フェスin中目黒」2018年7月21日開催。前売券販売中 [食のイベント]

スポンサーリンク




2018年7月21日(土)東京・中目黒で、日本酒の利き酒イベント「第10回 和酒フェス in 中目黒」が開催されます。
会場は、中目黒駅直結「中目黒GTタワー前広場」(東京都目黒区)。

スポンサーリンク



washufes-201807_01.jpg


2015年11月からスタートし、今回で10回目となる「和酒フェス」のテーマは「夏酒、スパークリング日本酒を楽しもう!」。
会場には、全国より35の酒蔵、100種類以上の日本酒が集結して、飲み放題で心ゆくまで利き酒を楽しむことができます。

『すず音』『水芭蕉ビュア』『菊泉ひとすじ』『臥龍梅 活性にごり』『発泡純米酒あわ咲き』『匠 (John)』『泡々酒(ほうほうしゅ)』など、夏に飲みたい美味しいスパークリング日本酒が勢揃い。

そのほか、季節限定の『花の井 純米吟醸 すずかぜ』『不動 夏吟醸』といった夏酒や、生酒、無ろ過酒、にごり酒、梅酒なども並びます。

会場には料理ブースも出店して、日本酒にあう料理・おつまみを販売。
毎回手ごろな価格のメニューが用意されていて、人気の料理は早い時間帯に完売してしまうことも。

さらにステージでは、TVドラマ『孤独のグルメ』原作者の久住昌之さんのトークショーや、アナウンサーのあおい有紀さんによるトークショー、音楽演奏などが行われ「和酒フェス」を盛り上げます。

参加予定の方は、早めに前売券を入手されることをオススメいたします。


washufes-201611_02.jpg



◆和酒フェスin中目黒(2018年7月) の開催概要

名称:第10回 和酒フェス in 中目黒
日程:2018年7月21日(土)
時間:[第1部]13:30~15:45、[第2部]16:45~19:00 ※入場受付は15分前から
定員:各部500名、合計1,000名
場所:中目黒GTタワー前広場[地図:Google Map]
▼交通アクセス・最寄り駅
・東急東横線、東京メトロ日比谷線「中目黒駅」直結



◆和酒フェスin中目黒(2018年7月) の前売券・チケット料金

チケット料金:各部 3,000円(税別)
定員:各部500名
※当日券の販売は未定。
※おつまみ・お食事は飲食ブースで別途キャッシュオンにて販売。


washufes-201707_02.jpg



◆和酒フェスin中目黒(2018年7月) の出展酒蔵と主な日本酒銘柄

<酒蔵ブース>
・一ノ蔵(いちのくら):一ノ蔵・宮城県
・六歌仙(ろっかせん):六歌仙・山形県
・銀嶺月山(ぎんれいがっさん):月山酒造・山形県
・郷乃誉(さとのほまれ):須藤本家株式会社・茨城県
・花の井(はなのい):西岡本店・茨城県
・水芭蕉(みずばしょう):永井酒造・群馬県
・菊泉(きくいずみ):滝澤酒造・埼玉県
・仁勇・不動(じんゆう・ふどう):鍋店・千葉県
・箱根山(はこねやま):井上酒造・神奈川県
・農口(のぐち):農口酒造・石川県
・黒松仙醸(くろまつせんじょう):仙醸・長野県
・女城主(おんなじょうしゅ):岩村醸造・岐阜県
・白川郷(しらかわごう):三輪酒造・岐阜県
・美濃紅梅(みのこうばい):武内・岐阜県
・臥龍梅(がりゅうばい):三和酒造・静岡県
・四海王(しかいおう):福井酒造・愛知県
・鉾杉(ほこすぎ):河武醸造・三重県
・日本盛(にほんさかり):日本盛・兵庫県
・沢の鶴(さわのつる):沢の鶴・兵庫県
・福寿(ふくじゅ):神戸酒心館・兵庫県
・千代田蔵(ちよだくら):太田酒造・兵庫県
・竹林(ちくりん):丸本酒造・岡山県
・桂月(けいげつ):土佐酒造・高知県
・七冠馬(ななかんば):簸上清酒・島根県
・光武(みつたけ):光武酒造場・佐賀県
・花雪(はなゆき):河津酒造・熊本県

<団体ブース>
・あさ開(あさびらき):あさ開・岩手県
・太平山(たいへいざん):小玉醸造・秋田県
・誉麒麟(ほまれきりん):下越酒造・新潟県
・上善如水(じょうぜんみずのごとし):白瀧酒造・新潟県
・越路吹雪(こしじふぶき):高野酒造・新潟県
・白龍(はくりゅう):白龍酒造・新潟県
・幻の瀧(まぼろしのたき):皇国晴酒造・富山県
・加賀鳶(かがとび):福光屋・石川県
・渓流(けいりゅう):遠藤酒造場・長野県

スポンサーリンク



▼イベント概要
第10回 和酒フェス in 中目黒
2018年7月21日
中目黒GTタワー前広場
東京都目黒区上目黒2-1-1
公式サイト
日本酒フェス
 





共通テーマ:グルメ・料理