横浜開港祭花火「ビームスペクタクルinハーバー」2019年6月2日開催。打上時間も [夏のイベント]





2019年6月1日(土)と6月2日(日)の2日間、神奈川県横浜市のみなとみらい地区で「第38回 横浜開港祭2019」が開催されます。
2日目の6月2日(日)には、光と音・花火のショー『ビームスペクタクル inハーバー』が行われて「横浜開港祭」のフィナーレを飾ります。

スポンサーリンク



yokohama-kaikosai-hanabi2015_01.jpg


2019年の横浜開港祭花火「ビームスペクタクルinハーバー」の花火打上開始時間は19:20から。
約40分間にわたって、みなとみらい地区の臨港パーク前で花火ショーが繰り広げられます。

花火大会の前には、臨港パーク内メインステージで、一般公募で集まった約600名の横浜市民が大合唱を行う、横浜開港祭の目玉「ドリーム・オブ・ハーモニー」が行われます。

その終演後に、横浜開港祭花火「ビームスペクタクル inハーバー」が幕を開け、花火とレーザー光線、音楽が一体となった壮大な花火ショーが繰り広げられます。

横浜開港祭では、花火「ビームスペクタクルinハーバー」や「ドリーム・オブ・ハーモニー」のほか、体験操船会、観光船クルーズ、シーカヤック体験、ステージライブ、スタンプラリーなど数多くのイベントが催されます。

なお、横浜開港祭花火「ビームスペクタクルinハーバー」の会場となる臨港パークへは、JR「桜木町駅」、みなとみらい線「みなとみらい駅」からのアクセスは大変混雑が予想されます。
JR「横浜駅」、みなとみらい線「新高島駅」「馬車道駅」「日本大通り駅」から臨港パークへのアクセス、また帰りもその逆のルートの利用を実行委員会は呼びかけています。


yokohama-kaikosai-hanabi2016_01.jpg



◆横浜開港祭花火2019@みなとみらい臨港パークの実施概要

名称:横浜開港祭2019「ビームスペクタクルinハーバー」
日程:2019年6月2日(日)
時間:19:20~20:00
場所:横浜市西区 臨港パーク前[地図:Google Map]
▼交通アクセス・最寄り駅
・JR「横浜駅」、みなとみらい線「新高島駅」「馬車道駅」「日本大通り駅」から臨港パークへのアクセス
 帰りもその逆のルートの利用が推奨されています。



◆横浜開港祭花火の感想・口コミ

Twitterのフォロワーさんからリプライでいただいた、横浜開港祭「ビームスペクタクルinハーバー」の感想・口コミなどを掲載しています。



スポンサーリンク



▼イベント概要
第38回 横浜開港祭2019
2019年6月1日-6月2日
臨港パーク
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1
公式サイト
イベント
 





共通テーマ:旅行